Lyrics 桜会 ゆず

Written by
北川悠仁
Composition
北川悠仁
目を閉じれば今日も僕にある幸せ あなたと二人 結んだ日々が 誰かに話したら笑われてしまいそうな あの日の約束憶えているかな 雪解けて色付く もう何度目の春だろう 巡る季節 今日も未来(あす)も 寄り添う花のように さくら あなただけを愛してる これからも これからも ずっと二人で こころ舞い上がった 好きですと 何度でも 何度でも 咲き続けるよ 耳を澄ませばほら 僕の名を呼ぶ声 離れていても想い出すんだ ポケットにしまったあなた宛の手紙 照れくさいから いつか渡すよ 憶えていてほしい 泪が頬をつたう日には 幸せへの近道へと 僕が連れてゆくから さくら 溢れてくるこのキモチを 伝えたい 届けたい いつもあなたへ 言葉だけじゃとても足りないけど 本当に 本当に 出逢えてありがとう 薄紅の花ひらり あなたの肩に落ちて 飾らないその微笑みを 守り続けてゆくと誓うよ 人を愛する意味を分からずに 遠回りしたけど やっと会えたね さくら あなただけを愛してる これからも これからも ずっと二人で こころ 一人じゃない 永遠に 何度でも 何度でも 咲き続けるよ いつまでも いつまでも あなたのそばに
Popular musical parts of 桜会
Me singing Me playing