Lyrics 夜咄ディセイブ じん

Written by
じん
Composition
じん
ビバップな浮遊感 夜が次第に乱反射して ツービートで光って たまには愚痴っちゃって良いかな ねえ、ちょっと話そうか 馬鹿な自傷症性なんだけど、 もうなんか収まらない ネタ話だって体(てい)で一つどう? じゃあ、ちょっと喋ろうか。僕の非凡でいて妙なとこ 平凡を装った僕がずっと悩んでいる事 十年は経ちそうなある日、『怪物』の声がして 心臓を飲み込んだ『嘘をつき続けろ』ってさ それ以来、僕は嘘つきで 騙せない人や物も無くなって 『怪物』に成り果てちゃってさ ・・・ああ、ごめんね泣かないで!全部法螺話だよ? オーマイダーティ!なんて醜態!僕は誤摩化す なんて言ったってこの本心は不気味じゃない? 偽ってそっぽ向いて 嘘を重ねて 僕は今日もまた徒然(つれづれ)、嘲笑(あざわら)う ビバップ、消えそうな夜が嫌いそうな少女にも ツービート、泣きそうな嘘が嫌いな青少年にも そう、もう同じ様にちゃちな「理想」がインプットして 心臓を飲み込んだ それ以来気づいたんだ、 僕らは単純に理想 叶ったとして、 一人ぼっちじゃこの世は生きていけない それも嘘?いやいや、本心だよ? 崩れそうな脳が『NO』で満ち満ちていく オーマイダーティ!もっと聴いて!僕の心を 我が儘を この嘘を 本物を 「寂しいよ」なんて言った僕は変わらない ニヤけそうな程、常々呆(あき)れてる オーマイダーティ!もう嫌いだ!ほら、聴かせてよ 呆れちゃう様な僕なんてもう救えない? 『問題ないぜ』なんて言って君は変わらない 「ああ、ミスっちゃった」 また不気味な僕に、常々溺れていく
Me singing Me playing