Comment
3commnets
  • ゆゆら@みるぷろ's user icon
    フロイドの独特なイントネーションがちゃんと残ってるのに音程もリズムもちゃんと押えられていて…凄いです。 フロイドっていうキャラクター自身が歌ってるようなそんな感覚で聴いてて凄く楽しくなりました。(語彙力なくてごめんなさい💦)
  • 春松's user icon
    春松
    選曲好きです!! パンダヒーロー独特のやんちゃな感じがとてもフロイドに合う! 全体的に気分屋なフロイドっぽくフラフラと好き勝手に歌ってる感じがすごい……フロイドだ……。 「白黒曖昧な正義のヒーロー」の辺りを愉快そうに歌っておいて「左手には金属バット」で急に威圧感増し増しになった……フロイドだ……!すきです……。 「行けないな」原曲的には元気に歌うのかな?とか思ってたら……!!ずるい……!!カッコいい……!! 「ピンチヒッター」の歌い方がちょっと楽しそうでかわいいです……ピンチヒッターしたかったの…そうなの……かわいい
  • 褒めステ【声劇第八話公開】's user icon
    結構間延びしたスローテンポな曲が似合うイメージがあったので選曲自体にちょっと驚いたんですが曲の雰囲気とか、勢いとか確かにぴったりだなあと考え直しました! もともとの音程からそういう雰囲気はあるんですが、 Aメロでなんども繰り返されるしゃくりがのらりくらりと自由に身動きするフロイドが表現されてて………えっっっっやっぱ曲ぴったりじゃん何???って気持ちです。 以下、わたしのすきな表現ポイントです。 「お困りならば」 ちょっと悪いこと企んでいるような雰囲気 少し口角を上げてにやにやとしたフロイドくんが目に浮かぶようです。 歌詞にもピッタリ当てはまっていて慈悲の精神のオクタっぽさがちらりと見えるのすっごいアガります。 「左手には金属バット」 さっきまで楽しそうだったのに……!! この段階を踏んで段々怒るのではなく、急に表情を変えるところが、とってもフロイドくんらしいなあと思いました。 ちなみにその後の歌詞は普通にまた楽しそうに戻ってしまうところも、フロイドくんの気分屋でありながら純粋であるところを表現されていてとっても良かったです。 「呑まれてく」 ちょっと揶揄うように楽しそうに、そして台詞のようでありながらきちんと歌として成立していて………ここめっちゃすきです。フロイドが……"い"る……… 「声で愚図って」 上と同じように少し揶揄うような声、 でもさっきに比べると"遊び"感が薄れてどちらかというとマフィア的な揶揄い方。 「どこにも行けないな」 あ〜〜〜〜〜〜 「行けないなあ?」みたいな歌い方すっごい好きですし、 さっきまで自由奔放とにやにやしていたフロイドくんが、ちょっと立ち止まって見たことない爽やかな笑顔で一瞬だけ笑う感じ、ここだけちょっとクセを抜いて歌うことでフロイド・リーチという人間の奥深さというか、表情の多さが見えてくるのずるいです…………すき……… 本当に自由気ままにくるくると表情を変えて歌っている雰囲気、すごいすきです………ありがとうございました………😇😇