Lyrics over V6

Written by
20th Century
Composition
菊池一仁
あふれるほどの情熱を 胸に抱きしめて 歩き始めよう 道に迷った時でも 逃げ出さない強さ 誇れる自分でいよう 「僕は僕でやってみるよ」 言った自分に自身がなくて また今日もごまかして 人混みに紛れてみる 平凡とか 地道だとか なんか ちょっとカッコ悪くて プライドや 意地を捨てた 自分を探してた 器用には生きてく術もなくて 愛に傷ついたりもした 現実はツライ でもがむしゃらに 叫び続けていたい Wow 果てしない夢を描こう 過ぎ去った日々に しばられないで あふれる涙ぬぐって 立ち向かう強さ 誇れる自分でいよう ジョーク飛ばして 笑いあった 途切れる会話の隙間 君の気持ちを確かめたくて 強く手を握った もっと素直に受け止められたら 遠回りしなかったけど 君と出会えたことの喜びを 信じて続けていたい Wow 季節は巡り続ける だけどいつだって 一人じゃないよ 輝く未来探して 手をのばせばほら 何かが変わり始めた できない事なんてなんにもないから そう自分を信じていこう あふれるほどの情熱を 胸に抱きしめて 歩き始めよう 道に迷った時でも 逃げ出さない強さ 持ち続けよう 果てしない夢を描こう 過ぎ去った日々に しばられないで あふれる涙ぬぐって 立ち向かう強さ 誇れる自分でいよう
Popular musical parts of over
Me singing Me playing