Lyrics 初恋 奥 華子

Written by
奥華子
Composition
奥華子
あなたのことは何でも知ってると思ってた 不器用なことも猫舌なことも電話が苦手なことも だけど私の知らないことがひとつだけあったの あなたがもう私のことを 好きじゃないということ いつからすれ違ってしまったのかな どうして気付けなかったのかな 二人で過ごしたたくさんの思い出 これからもずっと一緒にいると思ってた あなたは友達今日から友達 もう二度と好きなんて言わないから これ以上遠くに行かないで もう見るだけでもかまわない 名前で呼んだりしないから 隣り歩いたりしないから 用事もないのに電話したりしないから だからもう逢えないなんて 言わないでお願い 綺麗なものを見つけると あなたにも見せたくて すぐに写真撮る癖がまだ今も消えないまま 歩き方やしゃべり方を真似して バス停まで歩いた帰り道 小さなことですねたり怒ったりごめんね もっと素直になれたら良かった あなたの横顔あなたの口癖 悔しいほど好きなままだから これ以上遠くに行かないで もう見るだけでもかまわない 友達でいいから特別じゃなくていいから あなたの前では泣いたりしないから だからもう逢えないなんて 言わないでお願い あなたは友達今日から友達 そう自分に言い聞かせてみるよ あなたが笑顔になる場所は もう二人では行けない場所 桜並木を歩いて海辺で花火見上げて 枯葉散る時も真っ白な雪の日も いつもあなたがいてくれた それだけは忘れたくないよ 名前で呼んだりしないから隣り歩いたりしないから 用事もないのに電話したりしないから だからもうサヨナラなんて 言わないでお願い
Popular musical parts of 初恋
Me singing Me playing