Lyrics セツナ サニーデイ・サービス

Written by
曽我部恵一
Composition
曽我部恵一
夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける魔女たちの季節 緩やかな放物線描き空落下するパラシュートライダー はじめっから汚れちまってる眠ることのない魂 また今日もいつものところで待ってる セツナの恋人 きみはまるで静かな炎みたい ぼくの総てを燃やし尽くそうとする 子供の頃に作ったしゃぼん玉に乗ってふたりでこの空を飛ぼう 夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける魔女たちの季節 緩やかな放物線描き空落下するパラシュートライダー はじめっから汚れちまってる眠ることのない魂 また今日もいつものところで待ってる セツナの恋人 きみはまるで静かなメロディみたい なつかしい景色へぼくを連れて行く 子供の頃に呼んだ冒険物語り 真似てふたりでこの夜を行こう 夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける魔女たちの季節 緩やかな放物線描き空落下するパラシュートライダー はじめっから汚れちまってる眠ることのない魂 また今日もいつものところで待ってる セツナの恋人 夕暮れの街切り取ってピンクの呪文かける魔女たちの季節 緩やかな放物線描き空落下するパラシュートライダー はじめっから汚れちまってる眠ることのない魂 また今日もいつものところで待ってる セツナの恋人
Popular musical parts of セツナ
Me singing Me playing