Lyrics 伊豆の踊子 伊東歌詞太郎

Written by
伊東歌詞太郎
Composition
伊東歌詞太郎
望むものは二度と戻らぬ 永遠に変わらぬ世の理 東京という街は苦しく 独り涙も出ず 伊豆の空はとても優しく すがりつくように飛び出した 青春の日々悩み尽くして 孤独だけを怖れ 通り雨が上がった時 虹とともに 君が現れ ふわり心 踊りはじめた 愛を知ることなく生きてきたの でも胸の痛みは 君を想う この孤独は誰も分かち合えぬ 許されることならその素肌触れたい 清らかな心に 誰のために生きてきたのか 僕はわからないままだけど 誰かのため生きる人など 僕は近くなれぬ 清いものはけがれやすく 優しさは 崩れやすいもの せめて今の 君といさせて 愛の形を描き続けよう 求めればいつかは与えられる 清く儚く汚れて優しく 許されることなら 大人になる君を 見つめたい 隣で 夢のような伊豆の思い出 幼いのは僕だった さよならも伝えられずに 時がただ過ぎてく 生まれ変われたような気がしてさ どんな優しさでも受け入れたい 二度と君に会うことはなくても これからの僕らは 誰よりも美しい 恋を知る二人だ 愛を知ることなく 生きてきたの でも胸の痛みは 君を想う この孤独は誰も分かち合えぬ 許されることなら その素肌触れたい 清らかな心に 幼い君にだけ 救いを求めたの ありがとう さようなら?
Popular musical parts of 伊豆の踊子
Me singing Me playing