Lyrics かもめの女房 石川さゆり

Written by
吉岡治
Composition
浜圭介
白い牙むき出して 大波が砕け散る 哭きつのる海 風降りしきる雪 無邪気なような思いつめてるような かもめをおおぜい 引き連れて 埠頭(はとば)で死ぬ気の女(やつ)がいた 俺とあいつの出会いを かもめの女房と人は呼ぶ 何があったか あいつも言わね こっちも訊かね 心の傷も あああ 背中の傷も… それだけのはなしだ あの冬が嘘のよう 穏やかな春の海 遠くにはサハリンが霞んで見える 仕付けの糸は あなた着るとき取って 仕立てた着物と置手紙 人の眼盗んで縫ってたか お伽噺(とぎばなし)の恩返し かもめの女房と人は呼ぶ 何処(どこ)へいったか あいつも言わね こっちも知らね しあわせならば あああ 吐息をひとつ… それだけのはなしだ かもめの女房と人は呼ぶ 何があったか あいつも言わね こっちも訊かね 心の傷も あああ 背中の傷も… それだけのはなしだ
石川さゆり
Me singing Me playing