Lyrics 海沿いの街 黒猫チェルシー

Written by
渡辺大知
Composition
岡本啓佑
長い坂を下ればぼくたちのいた街が広がってる 心を熱く突き刺す素晴らしい日々の青春 赤レンガ高架下古着屋の裏 海沿いの欄干の灯台の下で 懐かしい歌が遠くから聴こえる ぼくたちは目の前に続く道を歩くことに必死だった ずっとこの先もいつもそうやって生きてくのかなぁ 歩いてきた道がもし遠回りだとしても 信じてきた道なら間違いではないのだから このまま何度も何度も進む バカなほどがむしゃらに涙枯れるまで 転がる石のようにぶつかってみるよ ぼくらの恋は泥くさくて ぼくらの愛は照れくさくて ぼくらの夢は危なかしくて ぼくらの夏はいつもあの日のまま このまま何度も何度も進むよ 海沿いの灯台にもまた会いにいこう 時には立ち止まって振り向いたりしながら ぼくたちはどこまでも続く道を歩いていくだけなのだろう ずっとこの先もいつもそうやって生きていくのさ
黒猫チェルシー
Me singing Me playing