Lyrics 夏夕空 中 孝介

Written by
江崎とし子
Composition
江崎とし子
色づく西空に 差し込む一筋の陽 夕立の雨上がりに 気付く 夏の匂い ひしめく光が照らす 想いに耳を澄ませば 聴こえし 友の面影 夏夕空 薫り立つ 鮮やかな過ぎ去りし日々 心のまま笑いあった あの夏の思い出よ 色づく鬼灯(ほおずき)に 賑わいし夏祭り 鳴り響く風鈴(すず)の音に 胸の奥が揺れる さざめく蜩(ひぐらし)が鳴く 木立を一人歩けば 蘇(よみがえ)し日の面影 そっと僕の 耳元でささやいた 懐かしい日々 あの頃のまま 変わらず 今も心の中で 人として守るもの 人として学ぶこと 亡き祖父が紡ぐ 大切な言葉はこの胸に 夏夕空 薫り立つ 鮮やかな過ぎ去りし日々 あの頃のまま変わらぬ 染み渡る温もりよ あの夏の思い出よ
Popular musical parts of 夏夕空
Me singing Me playing