Lyrics 夏めく坂道 ダイスケ

Written by
ダイスケ 田中秀典
Composition
ダイスケ 田中秀典
泣き止んだ 雲のあいだから覗く太陽 日差しのスコール あわてて首を上げる向日葵 水たまり 飛び跳ねた君が振り向いて 笑顔こぼしながらほら 僕の名前呼んでる たまらず右腕つかんで駆け上がった坂道 追い風が背中を押してくれる 抱きしめたい この夏をぎゅっと そばにいるからね 僕がずっと 陽だまりよりも眩しいんだ 横顔にキラめく滴 二人なら追い越せる 蜃気楼の向こうに見える tomorrow 聞こえてる? 僕の鼓動 午後の風 どこかで風鈴を鳴らして 君の耳元で切ない音色を 奏でて去(い)った 夕焼けにもしも寂しさが溢れたら 夜空のカーテンの下で星を分け合おうよ はにかんでみたりときどき 泣いたり怒ったりして 会うたび君が増えてゆくよ 焼き付けたい この夏をもっと フィルムには残せない君を 1フレームだって無駄じゃないさ 素顔映して いつまでも 誰よりも大切な君を守ると今約束するよ 僕から目そらさないで 1mm も 最後の花火があがって 立ちこめる煙と歓声 僕らは言葉なくしたまま立ち尽くしてた この季節が変わっても 君とはぐれぬように 抱きしめたい この夏をぎゅっと そばにいるからね 僕がずっと 陽だまりよりも眩しいんだ 横顔にキラめく滴 二人なら追い越せる 蜃気楼の向こうに見える tomorrow 聞こえてる? 僕の鼓動
Popular musical parts of 夏めく坂道
Me singing Me playing