Lyrics 一葉恋歌 石川さゆり

Written by
吉岡治
Composition
弦哲也
闇にさえ桜は咲いて 散らして 散らない恋ごころ 慕っては はげしく厭(いと)い 火のような通り魔がゆく ぼんやりと紅灯(あんどん)ながめ 文綴る 一葉丸山 福山町 その身体 任せてくれと 露骨に言い寄る人がいた 貧しさに明けくれ泣いて 身を削りこの世を生きる 塵の中 賑わい哀し 花街の 本郷丸山 福山町 いつの日か みどりの野辺を そぞろに歩いておいでなら その袖にまつわる蝶は まだ慕う化身のわたし 微笑みもやつれて病んで 絶えだえに 一葉丸山 福山町
石川さゆり
Me singing Me playing