Lyrics 家路 中 孝介

Written by
江崎とし子
Composition
江崎とし子
ひそやかに影を落とす 夕映えの街に灯がともる頃 未知し風 吹かれて君は 離れた空の下 何を想う 足早に過ぎゆく 夕空に飛び立つ 鳥の群れが家路を辿るように ここへ戻っておいで 君の休まる場所へ 空の向こうで 明日が手招いてる いくつもの夢を数え 誰もが答えを探している 足早に行き交う 人波に紛れて 君らしさを見失ったなら ここへ戻っておいで 羽を休める場所へ 今日という日を 好きになれますように 今 君は流した いとしいその涙が 乾くのなら僕は 風にでもなろう ここへ戻っておいで 君の休まる場所へ 相変わらずの笑顔で 明日を恙無(つつがな)く過ごせますように
Popular musical parts of 家路
Me singing Me playing