Lyrics 漂う感情 コトリンゴ

Written by
コトリンゴ
Composition
コトリンゴ
綺麗な家が並んでる 電車の中から眺めてる 笑い声が ふわり窓から 泣いてる声もかすかに漂って消えた 中の様子は見えないよ 気持ちは白黒つかないよ スーツを着れば全部忘れて 曲がった背中もシャンと元に戻るだろ 華やかに鳴り響く パジャマで書いたシンフォニー 地球の裏にまだ届かない 幸せになるには ただ気づくだけで良かった 理由を探してる 何のため 誰のため 探し続ければいつか分かると 気配を残しておいていかないで 見慣れた家具から跳ね返る 割り切れない音ハーモニー そこに重なる 会話がきっと あなたの耳をパンクさせてしまったの 浮かんでは 書き留めた パジャマのままでシンフォニー そばにいる人さえ届かない 幸せな時には リズム合わせ息をした 理由はないままで そばにいて 抱きよせて さまよう気持ちも ゆるされたよう 街に溢れる メロディメロディ 動機を見つけて 編み込み続ける 書き留めない感情も 連れて帰ってくるから 幸せになるように また一つ息をした 理由はいらないよ 大きくも 小さくもならないで ただのあなたでいい 気配を辿って指は音に変えた
Me singing Me playing