Lyrics 冷たい頬 スピッツ

Written by
草野正宗
Composition
草野正宗
「あなたのことを深く愛せるかしら」 子供みたいな光で僕を染める 風に吹かれた君の冷たい頬に ふれてみた小さな午後 あきらめかけた楽しい架空の日々に 一度きりなら届きそうな気がしてた 誰も知らないとこへ流れるままに じゃれていた猫のように ふざけ過ぎて恋が幻でも 構わないといつしか思っていた 壊れながら君を追いかけてく 近づいても遠くても知っていた それが全てで何もないこと 時のシャワーの中で 夢の粒もすぐに弾くような 逆上がりの世界を見ていた 壌れながら君を追いかけてく 近づいても遠くても知っていた それが全てで何もないこと 時のシャワーの中で さよなら僕のかわいいシロツメクサと 手帖の隅で眠り続けるストーリー 風に吹かれた君の冷たい頬に ふれてみた小さな午後
Popular musical parts of 冷たい頬
Me singing Me playing