đŸ—åœ°ä¸‹åŽ¤ã€–????ã€—đŸ—

Category Wanted
Member74
Comment177
???? -そこãĢは1枚ぎį´™åˆ‡ã‚ŒãŒįŊŽã„ãĻあãŖた- ã“ãŽéƒ¨åą‹ã‚’į›Žæ’ƒã—ãŸč€…ã¯åŋ…ずå…ĨるようãĢ。 â€ģåŊ“ã‚ŗミãƒĨニテã‚Ŗでぎį™ēč¨€ã¯įĻæ­ĸですâ€ģ (運å–ļより指į¤ēぎあãŖãŸč€…ãŽãŋį™ēč¨€ãŒč¨ąã•ã‚Œãžã™) â€ģé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗å›Ŗå“ĄäģĨ外(é–ĸäŋ‚者äģĨ外)ぎ斚も参加することができぞすâ€ģ â€ģ地下厤をį™ēčĻ‹ã—ãŸč€…ã¯åŊ“ã‚ŗミãƒĨニテã‚ŖãĢ参加しãĻくださいâ€ģ
created by đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    į§ãŸãĄäēŒäēēがå›Ŗé•ˇã‹ã‚‰äģ°ã›ã¤ã‹ãŖたぎは、č‡ŗæĨĩį°Ąå˜ãĒことで、 1つãĢ、äŊ•ã‚’čĻ‹ãĻも動じずãĢäŧščŠąã‚’合わせること 2つãĢ、æąēしãĻéĄã‚’čĻ‹ãĻはいけãĒい こぎ2つを厈るようãĢč¨€ã‚ã‚ŒãŸã€‚ これはč‡ŗæĨĩį°Ąå˜ãĒことだと、そしãĻ重čĻãĒäģ•äē‹ã ã¨ã€‚ åŊŧãŽæ›¸æ–Žã§čŠąã•ã‚ŒãŸãŽã¯æœŦåŊ“ãĢこれだけで、あとは原際ãĢやらãĒくãĻは分からãĒいからと半ばåŧˇåŧ•ãĢčƒŒä¸­ã‚’æŠŧされãĒがら書斎を垌ãĢし、į§ãŸãĄãŽå¯åŽ¤ãžã§æĄˆå†…されたぎです。 そこãĢはただ、į§ãŸãĄãŽå¯åŽ¤ãŽæ‰‰ãŒã‚るだけでした。 「あぎ、一äŊ“これはâ€Ļâ€Ļ」 「こんãĒつぞらãĒいジョãƒŧクをボクがすると思うかイīŧŸã€ 「いや、そぎâ€Ļâ€Ļ」 å’ŗ払いぎようãĢ抑えたįŦ‘いをしたåŊŧは、困惑しãĻいるį§ãŸãĄã‚’愉åŋĢãĢ思ãŖãĻいるようだãŖた。 ã€ŒãƒãƒŠã‚ˇã¯ä¸€čĻ‹ãĢしかずãŖãĻねīŧã‚ĩīŧčĄŒããŸãžãˆīŧīŧã€ ãã†č¨€ã†ã¨å‹ĸいよく寝厤ぎįœŸéŽčŖŊぎドã‚ĸノブをキãƒĨッとぞわしåŧ•é–‹ã‘る。 į›ŽãŽå‰ãĢæ‹ĄãŒã‚‹å…‰æ™¯ã¯å¯åŽ¤ãŽãã‚Œã§ã¯ãĒくãĻ、æ˜ĨぎįĒéĸ¨ãŒã“ãĄã‚‰ãĢ吚いãĻくる。 パãƒŗッ ã¨čƒŒä¸­ã‚’æŠŧされたį§ãŸãĄã¯æ‰‰ãŽä¸­ã¸ã€æ¨Ēį›ŽãĢčĻ‹ãŸå›Ŗé•ˇãŽį›ŽãŒåžŽã‹ãĢéģ„æ˜č‰˛ãĢ染ぞãŖãĻいた気がした。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ã‚ŗãƒŗã‚ŗãƒŗã‚ŗãƒŗ。 「å…Ĩりぞす」 éģ„é‡‘č‰˛ãŽã€äģĨå‰ã‚‚æĄãŖたドã‚ĸノブをくるãŖと回しãĻ中ãĢå…ĨãŖた。 ã€Œã‚„ã‚Ąã‚„ã‚Ąã€åž…ãŖãĻいã‚ŋよīŧã€ そこãĢは書斎æœēぎ椅子ãĢč…°æŽ›ã‘ã‚‹å›Ŗé•ˇã¨ã€ãƒ‰ã‚ĸがįŠēいたéŸŗãĢ反åŋœã—ãĻã“ãĄã‚‰ã‚’čĻ‹ãĻいるãŋやãŗさんがįĢ‹ãŖãĻいた。 ああ、これはįĩ‚わãŖたãĒと。 こぎ間ここでį‰Šč‰˛ã—、あぎ写įœŸįĢ‹ãĻをčĻ‹ãŸäē‹ã‚’咎められるぎだとåŋƒä¸­å¯Ÿã—た。 「七希さんâ€Ļâ€Ļ」 「おå‘ŧãŗįĢ‹ãĻしãĻすぞãĒイねえ」 éƒ¨åą‹ãĢå…ĨるãĒり、įˇŠåŧĩとįŊĒæ‚Ē感で前をčĻ‹ã‚‹ã“とがå‡ēæĨãĒかãŖた。 äŋ¯ã„たぞぞ、こぎ2äēēぎåŖ°ã‚’į§ã¯čžã„ãĻいる。 å›Ŗé•ˇã¯ããŖã¨č‚˜ã‚’ã¤ãæŒ‡ã‚’įĩ„ã‚€ãĒã‚Šã“ãĄã‚‰ã‚’įœŸãŖį›´ãčĻ‹ã™ãˆãƒ‹ãƒ¤ãƒĒとしãĻいる。 きãŖとæŦĄãĢあぎ斚ぎåŖからå‡ēã‚‹č¨€č‘‰ã¯į§ãĢとãŖãĻぎ嚸せぎ全ãĻがįĩ‚ã‚ã‚‹č¨€č‘‰ã§ã—ã‹ãĒいと思ãŖãĻいた。 そう思ãŖãĻいた。 ã€ŒéĄ”ã‚’ä¸Šã’įĩĻエīŧ å›ãŸãĄãĢäģ•äē‹â€ãŸãŽãŋ”があるīŧã€
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    äģŠæ—ĨはįĢ曜æ—Ĩ、お夕éŖ¯ã‚’éŖŸãšãĢåŽŋčˆŽãŽå¤§åēƒé–“ãĢčĄŒãã€‚ã“ãŽå›Ŗでは曜æ—ĨごとãĢお夕éŖ¯ã‚’äŊœã‚‹åŊ“į•ĒがæąēぞãŖãĻおりæœŦæ—Ĩはビãƒŧ゚トãĢæ‰€åąžã™ã‚‹å›Ŗå“ĄãŸãĄãŒį§ãŸãĄãŽčƒƒčĸ‹ãŽãŠä¸–čŠąã‚’ã—ãĻくれる。 「ヘイīŧãŠåž…ãĄãƒŧいッīŧīŧīŧã€ ドãƒŗッとįš†ãŽå‰ãĢįšŋがįŊŽã‹ã‚Œã‚‹ã€‚ 「これはäŋēãĄã‚ƒã‚“į‰ščŖŊぎâ€Ļâ€ĻãĒんだãŖけīŧŸīŧŸã€ ã€ŒãĄã‚‡ãŖ、ã‚ĸã‚ŋã‚ˇã‚‰ã‚‚ä¸€įˇ’ãĢäŊœãŖたんですけおīŧīŧŸã€ 「はは、それはね、į‚’éŖ¯ãŖãĻč¨€ã†ã‚“ã ã‚ˆã€‚é ã„į•°å›Ŋぎ料į†ã•ã€‚」 ãƒŦã‚ŋさん、naonさん、そしãĻきゃんさんが配č†ŗをしãĒがらäģ–愛もãĒいやり取りをしãĻいる。 äģŠæœŸãŽãƒ“ãƒŧ゚トはこぎ3äēēが担ãŖãĻいた。 「そそīŧīžīŊŦīŊ°īžŠīžã­īŧīŧã€ ã€Œå†ˇã‚ãĒã„ã†ãĄãĢéŖŸãšãĒさいよね」 「äŊ™ã‚Šį‰Šã‚’æ´ģį”¨ã—ただけぎį°Ąå˜ãĒもぎだけれお、å‘ŗはäŋč¨ŧするよ」 こうやãŖãĻ夕éŖ¯ãŽæ™‚だけはéŖŸäē‹ã¯į§ãŸãĄå›Ŗå“Ąã§äŊœã‚Šã€ãã—ãĻできるだけįš†ãŒéŖŸå“ãĢ揃ãŖたįŠļ態で一įˇ’ãĢéŖŸãšã‚‹ã€‚ そんãĒåŽļ族ぎようãĒæ—Ĩ常を毎æ—ĨéŽã”ã™ã†ãĄãĢč‡Ēį„ļとįĩ†ãŒį”Ÿãžã‚ŒãĻいく。į§ã‚‚、そしãĻįš†ã‚‚”こぎåŊ“たり前ぎæ—Ĩ々”が毎æ—Ĩįļšãã“とをäŋĄã˜ãĻæĨŊしく、そしãĻįŒŽčēĢįš„ãĢã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šå›Ŗぎå›Ŗå“Ąã¨ã—ãĻ働いãĻいる。 ここãĢã„ã‚‹ã‚‚ãŽã¯č‰˛ã€…ãĒįĢ‹å ´ã‚„äēēį¨ŽãŽã‚‚ãŽãŒåą…ãĻ、æĨるもぎを拒ぞず、įš†åŒã˜äēē間としãĻæ‰ąã‚ã‚Œã‚‹ã€‚æœŦæĨであればč…Ģれį‰ŠãŽã‚ˆã†ãĢæ‰ąã‚ã‚Œã‚‹č€…ã‚„æ—Ĩをæĩ´ãŗãĻį”ŸããĻčĄŒãã“ã¨ã‚’į¤žäŧšãŒč¨ąã•ãĒã„č€…ã‚‚ã€å›Ŗé•ˇãŽã„ã‚‹ã“ãŽã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šå›ŖãĢいることでありãĩれた晎通ぎį”Ÿæ´ģã‚’ã™ã‚‹ã“ã¨ã‚’č¨ąã•ã‚ŒãĻいる。 だからå›Ŗ長ãĢ救われたもぎが多く、åŊŧを慕いč‡Ēらぎ意思でここでįš†åƒã„ãĻいる。 į§ã‚‚そぎ1äēēだけれお、恐らくここãĢいるįš†ã‚ˆã‚Šã‹ã¯åšŗå‡ĄãĒį”Ÿæ´ģでäŊ•ä¸č‡Ēį”ąãĒく暎らしãĻいたから、į”ŗしč¨ŗãĒã„æ°—æŒãĄãŒã‚ã‚‹ã‘ã‚ŒãŠãã‚“ãĒįš†ã‚’支えãĻいきたいと思ãŖãĻいた。 そんãĒįŸĸ先、 å›Ŗé•ˇã‹ã‚‰åŖ°ãŒã‹ã‘られる。 夕éŖ¯åžŒã€å°‘ã—čŠąãŒã—ãŸã„ã¨
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「七希さんīŧŸã€ 書斎ぎドã‚ĸåŖãĢčĻ‹æ…ŖれたäēēがたãŖãĻいた。 一įžŦå›Ŗé•ˇã‹ã¨æ€ãŖãĻヒヤãƒĒとしたけれお、振りčŋ”るとイãƒŗナãƒŧã‚Ģナãƒŧがį‰šåž´įš„ãĒそぎäēēがãĢã“ã‚Šã¨ã“ãĄã‚‰ãŽæ§˜å­ã‚’äŧēãŖãĻæĨた。 「äŊ•ã‹ãŠæŽĸしį‰Šã§ã™ã‹â€Ļâ€ĻīŧŸã€ ãã†č¨€ã‚ã‚ŒãĻ写įœŸįĢ‹ãĻを指さしčĻ‹ã›ã‚‹ã€‚ そぎ垌ぎことは、į§ãŒãŠã†ã—ãĻã“ãŽéƒ¨åą‹ãĢæĨãĻこれをčĻ‹ã›ãŸã‹ã¨ã‹č‰˛ã€…čŠąã—ãŸãŒã€ãŠã†ã‚„ã‚‰ãŸãžãŸãžé€šã‚ŠãŒã‹ãŖたãŋやãŗさんはこぎ書斎ぎドã‚ĸがįŠēいãĻいたぎでčĻ—いãĻčĻ‹ãŸãŽã ãã†ã§ã€‚ そうこうしãĻã„ã‚‹ã†ãĄãĢį§ã¯æŽƒé™¤įĩ‚ã‚ã‚ŠãŽåˇäģ¤ãŽæ™‚間がæĨたぎでãŋやãŗã•ã‚“ã¨å…ąãĢ書斎をあとãĢした。 こぎ垌しばらくはį‰šãĢäŊ•äē‹ã‚‚ãĒく、æ—Ĩ々を過ごしãĻいた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    īŧŋ某æ—Ĩ、å›Ŗé•ˇæ›¸æ–Žã€‚ äģĨå‰čĄ—č§’ãŽã‚Ģフェでナãƒŗチをご一įˇ’した時ãĢčžã„ãŸã“ã¨ãŒã‚ã‚‹ã€‚æ›¸æ–ŽãĢį”¨ãŒã‚ãŖたるりねさんが、įĒ“際ぎæœŦæŖšãŽä¸ŠæŽĩãĢ『åĨ‡åĻ™ãĒ写įœŸã€ãŒéŖžãŖãĻあると。æ­ŖįĸēãĢč¨€ã†ã¨ã€åĨ‡åĻ™ã€ã§ã¯ãĒくただぎ『写įœŸã€ãĒぎだけれお、åŊŧåĨŗぎåŖからå‡ēã‚‹čŠąãĢã“ãĄã‚‰ãŒåˆã‚ã›ã‚‹ãŽãŒé›Ŗしく、åŊŧåĨŗãĢしãĻはįã—くäŋĄæ†‘性ãĢäšã—ã„čŠąã‚’įœŸå‰ŖãĢしãĻいるå§ŋをčĻ‹ãĻ原際ãĢįĸēかめようと思いč‡ŗãŖた。 抟äŧšã¯ã™ããĢやãŖãĻきãĻ、åŽŋčˆŽãŽæ¸…æŽƒã¯æ˜ŧ間ぎ時間ãĢã‚šã‚ŋッフが各フロã‚ĸを分担かつäē¤äģŖåˆļã§čĄŒãŖãĻいãĻ、水曜ぎäģŠæ—Ĩはį§â€ä¸ƒå¸Œâ€ãŒå›Ŗé•ˇãŽæ›¸æ–Žã‚’æŽƒé™¤ã™ã‚‹į•Ē。曜æ—Ĩはå›ē厚で水曜æ—Ĩぱã‚ŋãƒƒãƒ•å…¨å“ĄãŒãã‚Œãžã‚Œåˆ†æ‹…ã•ã‚ŒãŸå ´æ‰€ã‚’æŽƒé™¤ã™ã‚‹ãŽã ã‘ã‚ŒãŠã‚‚ã€æĨé€ąãŽį§ã¯ãƒžãƒĒã‚ĒネットぎæĨŊåą‹ãŽæŽƒé™¤ã€å…ˆé€ąãŽį§ã¯å°é“å…ˇãŽæ•´į†ãĒおをしãĻいた。 とãĻもã‚ŋイミãƒŗã‚°ã‚ˆãã‚ãŽčŠąãŒã‚ãŖたįŋŒé€ąãĢ抟äŧšãŒå›žãŖãĻくるãĒんãĻ、ãĒんぎåļį„ļかとも思ãŖたけれおâ€Ļ。 午前中ぎこぎ時間はå›Ŗé•ˇã¯ã„ã¤ã‚‚ä¸åœ¨ã§ã€ã‚šãƒ†ãƒŧジでãƒĒハãƒŧã‚ĩãƒĢやįˇ´įŋ’をしãĻいる午垌ãĢãĩらãŖとå…ļæ–šãĢįžã‚Œã‚‹ã€‚ãĒぎで、æģ…多ãĒことがãĒければここでå‡ēくわすことがãĒいぎでčĒŋãšãŸã„æ”žéĄŒã ãŒã€ã‚ãžã‚Šæ™‚é–“ã‚’ã‹ã‘ã‚‹ã¨æŽƒé™¤ãŽįĩ‚į¤ŧãĢ間ãĢ合わãĒいぎでぎんãŗりしãĻはいられãĒい。 į›ŽåŊ“ãĻぎもぎをčĻ‹ã¤ã‘る。 それは書斎ãĢå…ĨãŖãĻæ­Ŗéĸã€ã“ãĄã‚‰ã¨å¯žéĸするåŊĸで配įŊŽã•ã‚ŒãĻいる書斎æœēぎåŗ側ぎ大きãĒįĒ“éš›ãĢ䞋ぎæœŦæŖšãŒã‚ãŖた。 「â€Ļâ€ĻæœŦåŊ“ね、、、。あãŖた。」 ぞさかæœŦåŊ“ãĢあるとは思わãĒかãŖた、撎ãŖたčĻšãˆãŽãĒいã‚ģピã‚ĸč‰˛ãŽå†™įœŸã€‚だけれおここãĢはå›Ŗå“Ąå…¨å“ĄãŒå†™ãŖãĻいるようで、中夎ãĢ映るčĻ‹čĻšãˆãŽãĒいéĢ­ãŽį´ŗåŖĢと傍らãĢåą…ã‚‹åšŧい副å›Ŗé•ˇã¨ã‚ã¨ä¸€į‚šãŽé•å’Œæ„Ÿã‚’除いãĻ。 単į´”ãĢč€ƒãˆãĻ、副å›Ŗé•ˇãŒã“ãŽãã‚‰ã„ãŽåš´éŊĸぎころãĢį§ã¯å…Ĩå›ŖしãĻいãĒい、ここãĢきãĻ2嚴がįĩŒã¨ã†ã¨ã—ãĻるぎãĒらば尚更。そぎ嚴数でåšŧåĨŗがįĢ‹æ´žãĒ大äēēãĢãĒろうとしãĻいるéŊĸをčŋŽãˆã‚‹ãĒんãĻį„Ąį†ãŒã‚る。ãĒぎãĢこぎæ—Ĩį„ŧけした写įœŸãĢį§â€ãŸãĄâ€ãŒå†™ãŖãĻいるぎだ。 「īŧŋīŧŋīŧŋさん〜īŧŸã€ čƒŒåžŒã‹ã‚‰įĒį„ļå‘ŧばれた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    įžå ´ãŽã‚šãƒ†ãƒŗドグナ゚がčĩ¤ããƒžãƒƒãƒˆãĢ染ぞるãģお、凄惨ãĒ夜であãŖたとäŧēえる
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    〖ã‚Ēã‚ĢãƒĢトäē‹äģļį™ēį”ŸīŧŸã€— æœŦæ—ĨæœĒ明 郊外ãĢäŊ‡ã‚€å¤§č–å ‚ãĢãĻčĄŒæ–šä¸æ˜Žč€…ãŒå¤šæ•°į™ēį”Ÿã€‚įžå ´ã¯čĄ€ãŽæĩˇã¨ãĒãŖãĻãŠã‚Šã€č’ã‚‰ã•ã‚ŒãŸåŊĸčˇĄãŒæŽ‹ãŖãĻいた。įžå ´ãŽå¤§č–å ‚ãĢは200åš´äģĨ上前よりįžå­˜ã™ã‚‹ã‚šãƒ†ãƒŗドグナ゚が有名ãĒčĻŗ光地ということもあり、äēēぎ少ãĒい夜間ãĢčĨ˛æ’ƒã—たと断厚される。 一čŧĒãŽč–”č–‡ãŽč¯ãŒä¸å¯§ãĢįŒŽčŠąã•ã‚ŒãĻいた。 įŠ¯čĄŒæ™‚åˆģã¯æˇąå¤œ0時〜2時ぎ間ãĢčĄŒã‚ã‚ŒãŸã¨æŽ¨åŽšã€‚ã“ã“æ•°åš´įļšã„ãĻいたæ€Ēäē‹äģļと同į­‰ãŽįŠ¯čĄŒæ‰‹åŖから同一įŠ¯ã§ã‚ると断厚される。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    åŽĩ月、夊上。 「いやはやīŧį´ æ™´ã‚‰ã—いねīŧåŽŸãĢį´ æ™´ã‚‰ã—ナット達だīŧã€ 断æœĢ魔 「įĨˆã‚ŠãŸã‚‚う。きãŖとこれは救いãĒぎだとäŋĄã˜ãĻ、いぞす。」 「â€Ļâ€ĻごめんãĒさいね。」 å‘Ŋ䚞い 「äģ•æ–šãĒいぎよ。」 「あぎäēēぎ望ãŋãĒらâ€Ļâ€Ļ」 垌始æœĢ 「äŋēが変わりãĢやれば、ãŋんãĒãŽæ‰‹ãŒæąšã‚Œã‚‹ã“ã¨ã¯ãĒかãŖたけおさ、そんãĒåēĻ胸ãĒかãŖたよ」 「ぞたæŦĄãŒã‚るはず」 č§ŖäŊ“ 「一äŊ“これはäŊ•ãŽã‚ĩãƒŗプãƒĢãĒんでしょうかâ€Ļâ€ĻīŧŸįã—いį´ æã§ã™ã­ã€‚でもäŊ•ã ã‹é‰„分が多い個äŊ“ãĒ気が。」
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ロãƒŗドãƒŗã‚ŋイムã‚ēぎ一éĸ 〖čŦŽãŽæŽēäēēéŦŧ、再æĨかīŧŸã€— æœŦæ—ĨæœĒ明 å¸‚čĄ—é‚¸åŽ…ãĢãĻčĄŒæ–šä¸æ˜Žč€…ãŒå¤šæ•°į™ēį”Ÿã€‚čĸĢåŽŗč€…ãŽäŊ“ãŽä¸€éƒ¨ã¨č¤‡æ•°ãŽčĄ€į—•ä¸ĻãŗãĢ一čŧĒãŽč–”č–‡ãŽč¯ãŒį™ēčĻ‹ã•ã‚ŒãŸã€‚ įŠ¯čĄŒæ™‚åˆģã¯æˇąå¤œ0時〜2時ぎ間ãĢčĄŒã‚ã‚ŒãŸã¨æŽ¨åŽšã€‚ã“ã“æ•°åš´įļšã„ãĻいたæ€Ēäē‹äģļと同į­‰ãŽįŠ¯čĄŒæ‰‹åŖから同一įŠ¯ã§ã‚ると断厚される。 原ãĢ半嚴ãļりぎįŠ¯čĄŒã¨ã—ãĻ、č­Ļ戒がįˇŠã‚“でいたįŸĸ先ぎäē‹äģļ。 įžå ´ã¯ã“れぞでぎäē‹äģļより凄惨ãĒįŠļæ…‹ã§ã‚ã‚Šã€é‚¸åŽ…ãŽä¸­ã¯čĄ€ãŽæĩˇã§ã‚ãŖたとčĒŋæŸģå›ŖäŊ“がã‚ŗãƒĄãƒŗト。įžå ´ãŽįŠļæŗã‹ã‚‰č¤‡æ•°įŠ¯ã§ã‚ã‚Šã€čĄŒæ–šä¸æ˜Žč€…ã¯æ­ģäēĄã€įŠ¯äēēはこれぞでとは違うäēēį‰Šã‚‰ã§ã‚ると推察。 外からもそぎ様子が分かるãģお、įĒ“ã‚Ŧナ゚がずãŖとりとčĩ¤ãæŸ“ãŖãĻいた。 čŋ‘éšŖぎč‡Ēč­Ļå›ŖはčĸĢåŽŗæ‹Ąå¤§ã‚’é˜˛ããšãã€č­Ļ戒įļ˛ã‚’åŧˇåŒ–するとã‚ŗãƒĄãƒŗトしãĻいる。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    īŧŋだãŖãĻ、ボクがčĻ‹čžŧã‚“ã§é¸ã‚“ã â€ãƒ•ã‚ĄãƒŸãƒĒãƒŧ”だãŖãŸč€…ã ãƒĸノ。 ここでは、そうではį„Ąã„けれおã‚ĩ。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「それより、ãĒんãĻ思ãŖãĻãĒいだろうãĢ。キミはæœŦåŊ“ãĢåŋƒãŽæ šã‹ã‚‰į…子ぎようだãĒ。」 æŽ›ã‘ã‚‰ã‚ŒãŸč¨€č‘‰ãĢ寞しãĻ反åŋœã—たåŊŧは、äŧ‘む間もãĒく動かしãĻいたナイフとフりãƒŧクをįŊŽã„ãĻ、凛としたå§ŋå‹ĸãĢãĒりこう問うた。 č‡Ē分ãĢはčēĢãĢäŊ™ã‚‹å¤§åŊšã¨ã€ã“こでįĩŒé¨“したことぎ全ãĻã¨ã„ã†č´ˆã‚Šį‰Šã‚’č˛°ã„ã€æē€čļŗしたと。 だがæē€ãŸã•ã‚ŒãĻいãĻもäŊ•ã‹čļŗりãĒいもぎがある、最čŋ‘それぎ手がかりを掴んだと。 「åŽĸ席ãĢ、čĻ‹čĻšãˆãŽã‚ã‚‹éĄ”ãŽãƒ¤ãƒ„ãŒã„ãŸã‚“ã§ã™ã€‚ã€ そいつとは10åš´æĨぎäģ˜ãåˆã„ã§ã€åŒã˜č˛´æ—ãŽå‡ēčēĢで、č‡Ē分がここãĢæĨる前はそいつとつるんでいたと。 ã€Œã§ã‚‚ä¸æ€č­°ã¨ã€åą…ãĒいはずぎã‚ĸイツとここで一įˇ’ãĢ過ごしãĻるようãĒ感čĻšãŒã‚ãŖãĻ」 æ‡å¤ãŽæ°—æŒãĄãŒåĸ—したぎか、æœŦåŊ“ãĢåŊŧが望むもぎが手ãĢå…ĨãŖたからかは厚かではį„Ąã„が、åŽĸ席ãĢいた手é›ĸしたくãĒい存在をčĻ‹å¤ąã„たくãĒいというį†į”ąã§ã“こを退きたいとぎį”ŗしå‡ēを随分と前ãĢå›Ŗé•ˇã¯ã•ã‚ŒãŸãŽã ãŖた。 ã€Œčˆžå°čĸ–でキミがãŋãĻいたčĩ¤ã„ãƒĄã‚Ŧネぎ坊やかイīŧŸã€ よくご存įŸĨã§ã€ã¨č¨€ãŖãŸéĄ”ã§åžŽįŦ‘ãŋčŋ”す。 「それは、あんãĒį†ąã„čĻ–įˇšã‚’送ãŖãĻいたらčĒ°ã§ã‚‚わかるだろã‚ĻãĢ」 åŖ元を隠しク゚りとįŦ‘うå›Ŗé•ˇã€ããŽæ™‚įžŗが垎かãĢéģ„金色ãĢčĻ‹ãˆã€ãĒãĢかいãŖãĻいるようãĒ気がしたがâ€Ļ 「åˇĻ様ãĒã‚‰ã€č“Žīŧã‚­ãƒŸãŽäģŠåžŒãŽæ´ģčēã¨ã”多嚸をいぎãŖãĻいるよ」 ã€ŒããĄã‚‰ã‚‚é”č€…ã§īŧįžŽå‘ŗいéŖ¯ã¨æœ€éĢ˜ãŽį”Ÿæ´ģを有é›Ŗうございぞしたīŧīŧã€
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「それで、キミぎį­”えはäŊ•ã ãŖたã‚ĢナīŧŸã€ 「(もぐもぐ)â€Ļâ€ĻえãŖと、äŊ•ã§ã—たãŖけīŧŸīŧŸã€ čąĒå‹ĸãĒéŖŸäē‹ãŒæƒã†éŖŸäē‹éĸ¨æ™¯ã€‚ į´°åˇĨぎįžŽã—い銀éŖŸå™¨ã‚’傍らでįŖ¨ãæŸ˜æĻ´ã€‚ そぎおれもがįžŽã—く、しかしčĻ‹ãŸã“とぎį„Ąã„éŖŸæã§ã€éŖŸæŦ˛ãŽããã‚‹éĻ™ã‚ŠãŒįĢ‹ãĄčžŧめる。 æŦĄãŽæ–™į†ãŽæē–備ができると、手際よく配č†ŗしãĻいる。 é•ˇã„éŖŸå“ぎįœŸãŖį™ŊãĒテãƒŧブãƒĢã‚¯ãƒ­ã‚šãŽã˛ã‹ã‚ŒãŸä¸ĄįĢ¯ã§ã€å›Ŗé•ˇã¨č“Žã¯å‘ã‹ã„åˆã†ã‚ˆã†ãĢč…°ã‹ã‘éŖŸäē‹ã‚’しãĻいた。 「ぞãŖãŸãã€ã‚­ãƒŸã¨č¨€ã†ã‚„ã¤ã¯â€Ļというか、それがぞたキミらしくãĻį´ æ•ĩといãŖたところかネīŧŸã€ 料į†ãŒį›ŽãŽå‰ãĢあるãĢã‚‚ã‹ã‹ã‚ã‚‰ãšã€ä¸æ€č­°ã¨æˆ–ã„ã¯æ„å›ŗįš„ãĒぎか一åŖも手をつけず、ワイãƒŗグナ゚をį‰‡æ‰‹ãĢå›Ŗé•ˇã¯čĒžã‚‹ã€‚ 「ぞあ、おう問うãĻもキミぎį­”えが変わらãĒいぎはį›ŽãĢčĻ‹ãˆãĻいるかâ€Ļâ€ĻHAHAHA!!」 「そんãĒことよりこれįžŽå‘ŗいãŖすねīŧã€ やれやれ、といãŖãŸéĄ”ã‚’ã™ã‚‹ã‚‚ãŽãŽ そしãĻéĢ˜įŦ‘いをする。 「HAHAHA!! æœŦåŊ“ãĢキミはéĸį™ŊいãĒã‚Ąã€‚ã€
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    こんãĒことがあãŖたãĒんãĻ、退å›ŖしたとãĻ悟られぞいとするぎはやはりé›Ŗしいところではある。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    時åˆģ24時、īŧŸīŧŸīŧŸ 暗くãĻよくčĻ‹ãˆãĒã„éƒ¨åą‹ãĢčģĸがるそれらをå‡Ļį†ã™ã‚‹äģģだãŖた。 支配äēēがいつもしãĻいることを、支配äēēはį”¨äē‹ãŒã‚るからとå›Ŗé•ˇã‹ã‚‰é ŧぞれた。 3äēē分ぎį”ŸãŦるい感čĻšã‚’永遠と感じãĒがら、äŊ•ã‚‚čĻ‹ãˆãĒいそれをįļēéē—ãĢ、业åŋĩãĢ、å‡Ļį†ã—ãĻいãŖた。 ã€Œã‚„ã‚Ąã‚„ã‚Ą!!おį–˛ã‚Œã‚ĩマīŧã€ おå§ŋはčĻ‹ãˆãšã€æ‰‰ã‹ã‚‰åˇŽã—čžŧむ光ãĢ映るåŊąã—かčĻ‹ãˆãĒかãŖた。 「å›Ŗ長æŽŋ。」 「頃合いã‚ĢナīŧŸãŖãĻ思ãŖãĻã‚ĩ、おうだいピッã‚ŋãƒĒだãŖたろã‚ĻīŧŸã€ éŧģéĢ˜ãã€č¤’めたたえãĻãģしそうãĒåŖãļりはį›¸å¤‰ã‚‰ãšå›Ŗé•ˇã‚‰ã—ã„ãĒと厉å ĩする。 「キミぎ手をį…Šã‚ã›ãĻしぞãŖãĻį”ŗしč¨ŗãĒã„ãƒã€ãĄã‚‡ãŖとåŊŧåĨŗはここãĢé€ŖれãĻくることはå‡ēæĨãĒいからã‚ĩ」 「お勤めごč‹Ļ労īŧâ€Ļâ€ĻæœŦåŊ“ãĢよく頑åŧĩãŖたネ、JuN。」
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    æ—§å¸‚čĄ—īŧŋæ˜ŧ(荷éĻŦčģŠ) あぎæ—ĨぎことをæœĒだãĢč€ƒãˆãĻいる。 支配äēēãŽåŠŠč¨€ã§ä¸å¯ŠãĒ動きをしãĻいるå›Ŗå“ĄãŽčĒŋæŸģをé ŧぞれた。 čŠąã‚’čžã‹ãšãĢ手をかけãĻしぞãŖたことはæ‚Ēいとは思ãŖãĻいる、ただ、įžŽã—い思いå‡ēぎぞぞでありたかãŖただけだãŖたから、そんãĒį†į”ąã§ã€‚ â€Ļâ€Ļ思いå‡ēīŧŸ しかし、あぎįŠļæŗã¯ãã†æ€ã†ã—かãĒいでしょうよ。 「おうしぞしたīŧŸLiaさん」 気ãĢかけãĻåŖ°ã‚’かけãĻくれたJuNさん。 随分と曇ãŖãŸéĄ”ã‚’ã—ãĻã„ãŸãŽã ã‚ã†ã€č‚Šã‚’åŠã‹ã‚Œã‚‹ã€‚ 「â€Ļâ€ĻåˆĨれは寂しいです、æĨŊしかãŖたã‚ĩãƒŧã‚Ģ゚でぎæ—Ĩ々もäģŠæ—ĨでおåˆĨれ。でもåŊŧらは世į•Œä¸­ã‚’旅するでしょうīŧŸã„つかきãŖと、ぞたäŧšãˆãžã™ã‚ˆã€‚」 「そうですねâ€Ļâ€Ļそれはそうと、ぞさかJuNさんも降りられるとは思わãĒかãŖたãĒ。」 ã€Œã¯ã¯ã€ãžã‚ãĄã‚‡ãŖã¨ã€č‰˛ã€…čĻ‹ãĻ回りたいãĒと思いぞしãĻね。」 そんãĒäģ–愛ぎãĒã„čŠąã‚’å°ä¸€æ™‚é–“ã¯ã—ãĻいただろう。2äēēãŽčˇį‰Šã‚’äš—ã›ãŸčˇéĻŦčģŠã¯ã‚ぜ道をã‚Ģã‚ŋã‚Ģã‚ŋã¨é•ˇé–‘ãĢčĩ°ã‚‹ã€‚ おäē’いãĢ隠しäē‹ã‚’悟られãŦよう、æŽĸりæŽĸりäŧščŠąã—ãĻいるį‚šã‚’除いãĻはあぎå‡ēæĨäē‹ã‚’åŋ˜ã‚Œã‚‹ãã‚‰ã„æœŦåŊ“ãĢぎおかãĒ時間を過した。 「įĩåą€â€Ļâ€Ļ」 æ—Ļé‚ŖãĢはäŊ•ã‚‚č¨€ã‚ãšãĢåŽģãŖãĻしぞãŖたけれお、čŊãĄį€ã„たら手į´™ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã‚‚送ãŖãĻおこうと思う。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ペãƒŧã‚¸ã‚’é–‹ãæ€ã‚ãšč…°ã‚’æŠœã‹ã™ã€‚ そこãĢã¯čĄ€ãžãŋれぎよくįˇ¨ãžã‚ŒãŸãƒ–ロãƒŗドéĢĒぎ一įĢ¯ãŒæŒŸãžãŖãĻいた。 æģ‘らせた手から抜けた手å¸ŗã‹ã‚‰ã¯å¤§é‡ãŽčĄ€æļ˛ãŒåšãå‡ēし、息がå‡ēæĨãĒくãĒるãģお恐怖する。 「äŊ•ã‚’しãĻいるぎâ€Ļâ€ĻīŧŸã€ 垌斚からįĒį„ļåŖ°ã‚’かけられた。 æĄƒč‰˛ãŽéĢĒぎčĻ‹čĻšãˆãŽã‚るそぎäēēが、į›Žä¸‹ãŽįŠļæŗã‹ã‚‰æ‡ãĢしぞãŖãĻいたナイフをį§ãĢ向ける。 ã€ŒãĄã€ãĄãŒâ€Ļâ€Ļ」 「ãĒんãĻこと」 血į›¸ã‚’変えãĻ臨æˆĻ態å‹ĸを取られた。 č…°ãŒæŠœã‘ãĻしぞãŖたį§ã¯ææ€–で震えもæ­ĸぞらず動けãĒいでいたが、僅かãĢ動くįœŧįƒã§ä¸‹ã‚’čĻ‹ã‚‹ã€‚ 「えâ€Ļâ€Ļ」 気ãĨいたįžŦ間ãĢ膝ãĢ重さを感じたそれは、éĻ–å…ƒãĢã—ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸčˇĄãŽã¤ã„ãŸã—ãŠã›ã¨ä¸‰ã¤įˇ¨ãŋã‚’æĄã‚Šã—ã‚ãĻいたč‡Ēåˆ†ãŽä¸Ąæ‰‹ã‹ã‚‰æģ´ã‚‹čĄ€ã ãŖた。 「čŖåˆ‡ã‚Šč€…ã¯č˛´æ–šã ãŖたぎね、、、äŋĄã˜ãŸããĒかãŖた」 「ぞãŖãĻâ€Ļâ€Ļ違う、違うãŖãĻば」 「最期くらい静かãĢいきãĒさいよ。」 姉だãŖたもぎãĢ手をかけられる。 すごい速さで喉を切られãĻしぞãŖた、īŊļīŊ¯ã¨åčĄ€ã™ã‚‹ãŒããŽį”Ÿå‘Ŋæ´ģ動はį„Ąé§„ãĢįĩ‚わる。 わけも分からãĒいぞぞ、ここでæ­ģãŦぎか。 ああ、せãŖかく思いå‡ēしたぎãĢãĒぁâ€Ļâ€Ļ
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    中は埃ãŖãŊãã€æš—ãé•ˇã„åģŠä¸‹ãŒįļšã„ãĻいた。éĸ¨ã‚’吸いčžŧんでいたはずãĒぎãĢįŠē気ぎæĩã‚ŒãŒãžã‚‹ã§ãĒくãĻ、ぞãŖã™ãé•ˇãįļšãåģŠä¸‹ãŽå…ˆã‹ã‚‰ã ã‚ã†ã‹ã€ã‚ĒイãƒĢナãƒŗプぎ匂いがツãƒŗとæŧ‚ãŖãĻいる。 ä¸æ€č­°ã¨ã“ãŽé•ˇã„åģŠä¸‹ã‚’一歊、ぞた一歊と歊ãŋã‚’é€˛ã‚ã‚‹åēĻãĢ思いå‡ēす。 ここで過ごしたæ—Ĩ々、頭ぎ中ぎ霧がおんおん晴れãĻいくようãĒ気がしãĻ、čļŗ取りが少しãĨつčģŊくãĒãŖãĻいãŖた。 ああ、そうか、かけがえぎį„Ąã„時間を į§ã¯éŽã”しãĻいたんだ。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「ãĒんだ、これâ€Ļâ€Ļ」 åœŸåĄŠã‚’ãŸãŠãŖãĻį€ã„た先は1階ぎ、įŽ„é–ĸがある”はず”ぎ場所だãŖた。 そこãĢはã‚Ŧナ゚įĒ“がįžŽã—いいつもぎįŽ„é–ĸ扉ではãĒãã€ã‚ã‚Šã¨ã‚ã‚‰ã‚†ã‚‹å…‰ã‚’éŽæ–­ã™ã‚‹é‡ãå†ˇãŸã„é‰„ãŽæ‰‰ã ãŖた。 寝ãĻいãĒいせいãĒぎか、įœŧをæ“ĻãŖãĻãŋるけれお様子は変わることはãĒく”元々そこãĢあãŖた”ようãĒäŊ‡ãžã„で鎎åē§ã—ãĻいた。 扉ãĢは南äēŦ錠がį€ã„ãĻいたけれお、錠が外れãĻ扉が半開きãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹ã€‚ä¸­ã¯č–„æš—ãã€ã˛ã‚…ãƒŧã˛ã‚…ãƒŧとéĸ¨ã‚’吸いčžŧんでいるようだãŖた。 æœŦčƒŊが”ここãĢå…ĨãŖãĻはいけãĒã„â€ã¨č¨€ãŖãĻいる。 äŊ•ã¨ãĒく、ここから逃げå‡ēã—ãŸã„æ°—æŒãĄãĢãĒãŖたがきãŖã¨åœŸåĄŠã‚’æŽ‹ã—ãĻいãŖたä¸ģもここãĢå…ĨãŖたことは間違いãĒいと思いå…ĨることãĢした。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    čŖåŖからįļšãį—•čˇĄã‚’čžŋãŖãĻ垌をčŋŊう。 おうやら2階ãĢ寄ãŖたようで、小さãĒåœŸåĄŠãŒã˛ã¨ã¤ãŽéƒ¨åą‹ãĢįļšã„ãĻいた。 čŠ°ã‚ãŒį”˜ã„ãĒぁãĒんãĻ思いãĒがらįļšãį—•čˇĄã‚’čžŋãŖãĻéƒ¨åą‹ãŽå‰ã§å¯Ÿã—ãŸã€‚ ã“ãŽéƒ¨åą‹ã¯â€Ļâ€Ļ čģ‹ã‚€æˆ¸ã‚’æŠŧし開けると、中ãĢはすやすやと寝ãĻいるしおせぎå§ŋが。 čĩˇã“しãĻã¯čĄŒã‘ãĒいと気配をæŽēしãĻéƒ¨åą‹ã‚’čĻ‹æ¸Ąã™ã€‚ ã“ãŽåœŸåĄŠãŽä¸ģはしおせではį„Ąã„ことは明į™Ŋで、į°Ąå˜ãĢįŊŽã‹ã‚ŒãŸå¤–åĨ—とナãƒŗã‚ŋãƒŗがæœēãĢįŊŽã‹ã‚ŒãĻいた。 ãŠã†ã‚„ã‚‰éƒ¨åą‹ã‚’åžŒãĢしたばかりぎようで、外気ぎ匂いがãĩわりとéĻ™ãŖãĻいた。 ã€ŒãŠã‹ãˆã‚Šã—ãŠã›ã€‚æ•…éƒˇã¯æĨŊしかãŖたīŧŸã€ というぎを我æ…ĸしãĻéƒ¨åą‹ã‚’åžŒãĢした。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    朝į„ŧけãĢį…§ã‚‰ã•ã‚ŒãĒがらごんさんとãƒŦã‚ŋさんと、そしãĻå›Ŗé•ˇã¨ã€čģŠãĢæēられį§ãŸãĄãŽãƒ›ãƒŧム《一åē§ã€‹ãĢ帰ãŖãĻきた。 夜ぎäģ•äē‹ã‚’こãĒしたį§ãŸãĄãĢ、å›Ŗé•ˇã¯åŠ´ã„ãŽč¨€č‘‰ã‚’ãã‚ŒãŸã€‚äģŠæ—Ĩ1æ—ĨはゆãŖくりäŧ‘めと、äģ•äē‹ã‚’ã—ãŸå…¨å“ĄãĢäŧ‘暇を与えられたけれお、最éĢ˜ãŽã‚šãƒ†ãƒŧジãĢするためãĢは鍛éŒŦがåŋ…čĻã€‚ å‘Ŋぎ駆けåŧ•ãã‚’しãĻきãĻ感じた、æ—Ĩ々ぎįˇ´įŋ’が”äģ•äē‹â€ãŽãƒ‘フりãƒŧマãƒŗã‚šã‚’č‰¯ãã™ã‚‹ã¨ã€‚ そしãĻã‚‚ã†ã˛ã¨ã¤ã€ã‚ãŽæ™‚ãƒŠã‚¤ãƒ•ã‚’äŊŋãŖãĻ断įŊĒした時ãĢこぎäģ•äē‹ã‚’į›Žæ’ƒã•ã‚ŒãŸæ°—がする。 でもそぎäēēåŊąãĢčĻšãˆãŒã‚るようãĒ気がしãĻčĻ‹é€ƒã—たぎだけれお、たとえäģ˛é–“でもäģ–言į„Ąį”¨ãĒ掟をį ´ãŖたとįŸĨれたらį„Ąäē‹ã§ã¯ã„られãĒいだろう。 そうãĒる前ãĢ、åŖæ­ĸめかäģ˛äģ‹ãĢå…ĨらãĒくãĻは。 そぎäēēが掋したį—•čˇĄã‚’å›Ŗ長ãĢバãƒŦãĒいよう丁寧ãĢæļˆã—ãĻčĄŒãã“ã¨ãĢしよう。 おうやらčŖæ‰‹ã‹ã‚‰åŽŋ舎ãĢ帰ãŖãĻきたようで、隙をついãĻčŠąã—åˆã„ã‚’ã—ãŸã„ã€‚ å›Ŗé•ˇã‚‚ã—ãŠã›ã‚’å¯åŽ¤ãĢ運ãļぎãĢåŋ™ã—そうだから、äģŠãŽã†ãĄãĢčŋŊいかけよう。 すぐãĢčĄŒå‹•ãĢį§ģすį™–が垌ãĢäģ‡ãĢãĒるãĒんãĻこぎ時は思ãŖãĻいãĒかãŖた。 čĒ°ã‚‚čĻ‹ãĻいãĒいと思ãŖãĻいたぎが間違いだãŖた、厌į’§ä¸ģįžŠãŽã‚ぎäēēがå›Ŗé•ˇãŽå‚ã‚‰ãĢいるということをåŋ˜ã‚ŒãĻいたãĒんãĻ。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「おはよう、しおせ。äģŠæ—Ĩはいい夊気だねâ€Ļâ€Ļ」 そんãĒわけもãĒã„ã“ã¨ã‚’č¨€ãŖãĻはį‰Šæ‚˛ã—くãĒる。 äģŠæ—Ĩぎ夊気はいつもぎ曇り、čŋ”äē‹ã‚‚čŋ”ãŖãĻæĨãĒい。 「æœŦåŊ“ãĢâ€Ļâ€Ļ」 こぎ感情はãĒんだろうか。 こぎ子はただぎ”äģ˛é–“”であるというぎãĢ。 â€Ļそういえば先æ—Ĩ、å›Ŗ長æŽŋからäģģを受けた。 これはとãĻも名čĒ‰ãĒäģ•äē‹ã ã¨ãã†äŧēãŖた。 夜ぎäģ•äē‹ã‚’å…ąãĢしたからわかる、あぎ斚はčŖåˆ‡ã‚Šč€…ã‚’įĩļ寞ãĢč¨ąã•ãĒい。äģ˛é–“ã‚’åŖ˛ã‚‹ã‚ˆã†ãĒやつはį§ãŒã“ぎ手でį‰‡äģ˜ã‘ã‚ˆã†ã€‚ã‚ãŽå­ãŸãĄãĢåŽŗが加わることぎãĒいようãĢ、ãŋんãĒで嚸せãĢãĒるんだ。 â€ĻãŋんãĒãŖãĻãĒã‚“ã ã€ã‚ãŽå­ãŸãĄãŖãĻãĒんだīŧŸ â€Ļâ€ĻあやぎīŧŸ â€Ļâ€ĻしおせīŧŸ â€Ļâ€ĻLiaīŧŸ â€Ļâ€Ļぞãģろ、さんīŧŸ
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    しばらくしãĻ、ぞãģろさんぎå§ŋをčĻ‹ãĒくãĒãŖた。 ãĒんだか少し寒い気がしãĻåŋƒåœ°ãŒæ‚Ēい。 į§ãŽåŋƒæƒ…を察するかぎようãĢ、最čŋ‘ぎįŠēæ¨Ąæ§˜ã¯æ›‡ã‚ŠãŒå¤šããŠã‚“ã‚ˆã‚Šã¨ã—ãĻいた。 「しおせâ€Ļâ€Ļ」 支配äēēからį§˜å¯†čŖãĢ世話åŊšã‚’åŧ•ãå—けた時ãĢは銚いたもぎだ。 ã“ãŽå­ã¯é•ˇæœŸãĢäŧ‘むとしãĻ、ãĻãŖきり原åŽļãĢ帰ãŖãĻいるもぎかと思ãŖãŸã‘ã‚ŒãŠã‚ˆãč‰¯ãč€ƒãˆã‚Œã°ãã‚Œã¯ã‚ã‚ŠãˆãĒã„čŠąã ãŖた。 ãĒんせここは”帰る場所ぎãĒã„č€…ãŸãĄâ€ã°ã‹ã‚ŠãŒé›†ã†ã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šå›ŖãĒぎだから。 äģ–ぎįš†ã¯äģĨ前ぎį§ã¨åŒã˜ã‚ˆã†ãĢã€æ•…éƒˇã¸å¸°ãŖãĻいると思いčžŧんでいる。 そんãĒåŊŧåĨŗがäģŠå‚ã‚‰ãĢいるぎだから、少しåŦ‰ã—いようãĒ。 į›Žã‚’čĻšãžã•ãĒいことを除いãĻ。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    あとをį€ã‘たį§ã¯ã€ã‚やぎをåĢむéģ’ãšãã‚ãŽä¸€čĄŒãŽæ§˜å­ã‚’å…¨ãĻį›Žæ’ƒã—た。 é™Ŋ向ぎようãĒ暖かいあぎ子がãĒんぎčēŠčē‡ã‚‚ãĒくč‡Ē分と同じäēē間ãĢ手をかけãĻいたこと、あぞりぎ惨さãĢį§ã¯į›´čĻ–å‡ēæĨãšã€éœ‡ãˆã‚‹č…•ã‚’æ“ĻりãĒがらį‰ŠéŸŗをįĢ‹ãĻぞいと、おこãĢもやりようぎãĒã„č¤‡é›‘ãĒ感情をæŠŧしæŽēしãĻただただ、æ­ģãĢゆくäēē々ぎå‘Ŋäšžã„ã¨æ‚˛éŗ´ã‚’、åŖ°ã‚’æŠŧしæŽēしãĻčžã„ãĻいるしかį„Ąã‹ãŖた。 å‚ã‚‰ã§ã¯ã‚ąã‚ŋã‚ąã‚ŋとįŦ‘う2äēē。 距é›ĸもあり反éŸŋしãĻäŊ•ã‚’言ãŖãĻã„ã‚‹ãŽã‹čžãå–ã‚ŒãĒかãŖたけれお、こぎį‹‚気じãŋたįŠļæŗã§æ­Ŗ気をäŋã¤ãĢã¯ã€åˇąãŒäŋĄã˜ã‚‹įĨžã¸įĨˆã‚‹äģ–ãĒかãŖた。 į›Žįš„がãĒんであれ、これは大įŊĒだ。 こんãĒこと、äēē道įš„ãĢč¨ąã—ãĻはいけãĒい。 äŊ•æ•…åŊŧåĨŗは手を染めãĻしぞãŖたぎか、å›Ŗ長ãĢåŧˇčĻã•ã‚ŒãŸãŽã‹ã€é“ã‚’č¸ãŋ外しãĻしぞう前ãĢį§ãŒæ•‘いたい。 ところで、ãĒぜį§ã¯ã“こぞであやぎãĢ寞しãĻ肩å…ĨれしãĻいるぎかäŊ•æ•…かãĩと思いå‡ēせずãĢいた。 同じå›Ŗå“Ąã ã‹ã‚‰īŧŸ 同じグãƒĢãƒŧプãĢæ‰€åąžã—ãĻいたからīŧŸ į§ãĢとãŖãĻぎあぎ子はäŊ•ã€‚
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    もぎすごい速さで2階ぎ寝厤からįļšãéšŽæŽĩを駆け下りる。寝ãĻいるįš†ãĢčžã“ãˆãĻいるだろう、čļŗéŸŗãĒんãĻ気ãĢしãĻられãĒい。 旊く、旊くåŖ°ã‚’かけãĻあげãĒければ、ぞたį§ã¯åžŒæ‚”する。 息があがる中やãŖとį€ã„たįŽ„é–ĸぎ外ãĢは、丁åēĻčģŠãŒčĩ°ã‚ŠåŽģãŖたあとで、äēēぎčļŗではčŋŊいつけãĒいとį›´ããĢ悟ãŖたį§ã¯å¤–åĨ—ã‚’įžŊįš”り、借éĻŦåą‹ã‚’čĻ‹ã¤ã‘ることãĢ垚した。 半ばįĒƒį›—ãĢčŋ‘いåŊĸでéĻŦåą‹ãĢ停ぞãŖãĻいる一頭をかãŖさらう。 į‰ŠéŸŗãĢéŖ›ãŗčĩˇããŸåŽˆį•Ēぎį”ˇãŒåŖ°ã‚’かけた。 「おåŽĸさんīŧãŠäģŖを頂かãĒいと困りぞすīŧīŧã€ 金をå‡ēす時間も惜しかãŖたぎで懐ãĢいれãĻいた小金čĸ‹ã‚’æŠŧしäģ˜ã‘ãĻéĻŦをčĩ°ã‚‰ã›ãŸã€‚ こぎčļŗãĒらäŊ•ã¨ã‹ã€‚ 間ãĢ合うぎかもしれãĒい。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ある夜、いつもぎようãĢしおせぎį€æ›ŋえを手äŧãŖãĻいると、ぴくりと指先が動いたようãĒ気がした。 そぎ時は銚きとåŦ‰ã—さがčžŧãŋ上げãĻきたが、もしかしたらčĻ‹é–“違いだろうと、そう思いčžŧむようãĢしãĻä¸–čŠąã‚’įļšã‘た。 ãĩと、įĒ“ぎ外ãĢäēēåŊąãŒã„るようãĒ気がしãĻã‚Ģãƒŧテãƒŗから除くと、éģ’服をį€ãŸ4äēēがčģŠãĢäš—ã‚ŠčžŧむぎをčĻ‹ã‹ã‘る。 暗くãĻよくčĻ‹ãˆãĒかãŖたが、įžŠãŽč§’がæ‚Ēį›ŽįĢ‹ãĄã™ã‚‹ããŽį‹Ŧį‰šãŽã‚ˇãƒĢエットからå›Ŗé•ˇã ã¨ã™ãã‚ã‹ãŖた。 きãŖと旊朝ãĢ向けãĻäģ•å…ĨれかčĻ–察かâ€Ļâ€ĻīŧŸã¨æ€ãŖたぎだけれお。 あとぎ2äēēはよく分からãĒかãŖたが、最垌ぎ一äēēが月明かりãĢį…§ã‚‰ã•ã‚ŒãŸįžŦ間変ãĒ動悸がした。 éĄ”ã¯ã‚ˆãčĻ‹ãˆãĒかãŖた。 それでもåŗč€ŗぎピã‚ĸ゚が光ãŖたお陰でわかãŖãĻしぞう。そうであãŖãĻæŦ˛ã—くãĒい、äŊ•ã¨ãĒくそぎčģŠãĢäš—ã‚Ščžŧんだら”こぎ子”ぎようãĢ帰ãŖãĻこãĒいかもしれãĒいと、そう思ãŖãĻしぞãŖた。 「あやぎâ€Ļâ€Ļ」 éƒ¨åą‹ãŽãƒŠãƒŗã‚ŋãƒŗをæļˆã—、寝静ぞるåŽŋčˆŽãŽä¸­ã‚’æ€ĨいでįŽ„é–ĸぞでčĩ°ã‚ŠæŠœã‘た。 時åˆģã¯æˇąå¤œ23時59分。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    あれから嚞æ—ĨたãŖただろう、しおせがį›Žã‚’čĻšãžã•ãĒい。 明け斚副å›Ŗé•ˇãŒé‹čģĸしãĻたčģŠã‹ã‚‰åŒæœŸãŽä¸ƒå¸Œã•ã‚“とパフりãƒŧマãƒŧãŽã‚‹ã‚ãĄã‚ƒã‚“ã€ãã—ãĻå›Ŗ長ãĢæŠąãˆã‚‰ã‚ŒãĻ降りãĻきたあぎ子。 そぎ時ぎ光景は、朝į„ŧけぎせいだろうけれお息を呑むようãĒ儚さをäŊ“įžã—た清らかさがあãŖたぎをčĻšãˆãĻいる。 もぎすごく丁重ãĢ、そしãĻå„Ēã—ãã€å‡›ã€…ã—ãæŠąãæŠąãˆãĻいたå›Ŗé•ˇãŽå§ŋもį›¸ãžãŖãĻだろう。 しばらくは、į–˛ã‚ŒãĻ寝ãĻいるもぎと思ãŖãĻいた。 しかしいくら垅ãĻお垅ãĻお、čĩˇãã‚‹ã“とはãĒかãŖた。 đŸ¤ĄãŽå…Ŧæŧ”ã‚‚ã€å’˛å¤œã•ã‚“ã¨ã‚‹ã‚ãĄã‚ƒã‚“ãŽãƒ„ãƒŧã‚Ēペでやることも多くãĒり、とうとう千į§‹æĨŊをčŋŽãˆãĻしぞいそう。 įš†ãĢã¯é•ˇæœŸäŧ‘暇を垗ãĻいるとįŸĨらせãĻいるようだけれお、į§ã¯ã€į§ã ã‘は毎æ—ĨåŊŧåĨŗぎįœ ã‚‹éƒ¨åą‹ãĢ通いéŖŸäē‹ã¨æ°´ã‚’įĩĻäģ•ã—ãĻいた。 こぎことはäģ–ぎåŽļ族やå›Ŗå“ĄãĢは内密ãĢと支配äēēãĢåŖæ­ĸめをされãĻいる。 「ぞãŖãŸãã€ä¸–čŠąãŽã‹ã‹ã‚‹å­ã­ã€ 恐ろしくįļēéē—ãĒå¯éĄ”ã‚’čĻ‹ã¤ã‚ãĒがら、é Ŧをæ’Ģで、äŊ“を拭き、éĢĒã‚’ãƒ–ãƒŠãƒƒã‚ˇãƒŗグしį€æ›ŋえをさせ、水をéŖ˛ãžã›ã‚‹ã€‚ éŖŸäē‹ãĢは全く手をつけãĻおらず、枕元ぎ水į“ļもį§ãŒä¸ŽãˆãĻいる量äģĨ外ãĢ減ãŖãĻいる様子はį„Ąãã€‚ 「一äŊ“äŊ•ãŒã‚ãŖたãŖãĻいうぎよ。」 あぎ時ぎ光景をįļēéē—だと思ãŖたč‡Ē分が憎たらしくãĻやりきれãĒかãŖた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    å›Ŗé•ˇãŽæ›¸æ–Ž 「æœŦæ—ĨぎごäēˆåŽšã§ã™ãŒīŧŋīŧŋīŧŋīŧŋ」 į´…čŒļをį‰‡æ‰‹ãĢå„Ē雅ãĢãƒĸãƒŧニãƒŗグを頂くå›Ŗé•ˇã€‚å‚ã‚‰ãĢぱã‚ŋッフぎ柘æĻ´ã€å‘かいぎテãƒŧブãƒĢãĢは支配äēēãŒæ–°čžã‚’čĒ­ãŋãĒがらã‚ŗãƒŧヒãƒŧをéŖ˛ã‚“でいる。 「フフãƒŗフãƒŧãƒŗīŊžâ™Ē」 ポトãƒŗ、ポトãƒŗâ€Ļâ€Ļポトãƒŗ。 「â€Ļあぞりįŗ–åˆ†ãŽã¨ã‚Šã™ãŽã¯č‰¯ããĒいと思うぎですが。įĩŒč˛ģįš„ãĢも」 「ãƒŗīŊžã€ãƒœã‚¯ãŽãƒĸãƒŧニãƒŗグãƒĢãƒŧテã‚Ŗãƒŧãƒŗはį´…čŒļãĢ角į ‚įŗ–3つ、そしãĻミãƒĢクさīŧŸã“れはįˆį˛ã§ã‚‚一įˇ’ãĒんだが、äģŠæ›´ã‹ã„īŧŸã€ 呆れたæēœæ¯ã‚’吐き、 「回į­”ãĢãĒãŖãĻãĒいですよ、全く。ã‚ĸナã‚ŋãŖãĻäēēは」 「HAHAHA!! そうã‚ĢãƒĒã‚ĢãƒĒせず、キミもたぞãĢはブナックではãĒくâ€Ļ」 「あんãĒã‚˛ãƒ­į”˜ã€ã„え、į”˜ã™ãŽã‚‹ãŽã¯åž—意ではį„Ąã„ぎで」 これもいつもぎ朝ぎéĸ¨æ™¯ã€‚ äģ–愛ぎį„Ąã„äŧščŠąãĢおäģ˜ãŽæŸ˜æĻ´ãŒå†…åŋƒã‚くせくしãĻいるであろうãĢ。 「īŧŋīŧŋåĻ‚äŊ•č‡´ã—ぞしょうīŧŸã€ ã€Œã‚ã‚Ąã€ãã†ã ã­ã‚§ã€‚åŊŧをäģŠå¤œãŽéŖŸäē‹ãĢčĒ˜ãŖãĻくれたぞえ。」
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ã‚„ã‚Ąã‚„ã‚Ąã€åž…ãŖãĻいたよ。 ぞã‚ĸ、äēŒč¨€ã¯č¨€ã‚ãšã¨ã‚Šã‚えずそこãĢåē§ã‚ŠãŸãžãˆã‚ˆã€‚ éŖŸäē‹ãŒå†ˇã‚ãĻã—ãžã†ã‚ˆã€čŠąã¯ãã‚Œã‹ã‚‰ãĢしようã‚ĢīŧŸ
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    åŋ˜ã‚ŒãŸã¨ã¯č¨€ã‚ã›ãĒい、こぎčĩ¤ã„č‰˛ã‚’
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    å›Ŗé•ˇãŽæ›¸æ–ŽãĢãĻ。 ã‚ŗツã‚ŗツã‚ŗツと杖を打つéŸŗãŒčžã“ãˆãĻくる。 į„ĄæŠŸčŗĒãĒčĄ¨æƒ…ã§ããŽč€…ã¯æ–ã‚’æ‰“ãĄįļšã‘ãĻいた。 ã€ŒãŠã‚„ãŠã‚„ã€ãžãŸå¤ąæ•—ã—ãŸã‚“ã§ã™īŧŸã€ そこãĢはįžŠčļŗぎåĨŗ性が1äēē。 ã€ŒããŽéĄ”ã€ãžãŸå¤ąæ•—ã—ãĻしぞãŖたんですかīŧŸæœ€čŋ‘不æŧã§ã™ã­â€Ļ」 ãŠæ°—ãŽæ¯’æ§˜ã¨č¨€ã‚ã‚“ã°ã‹ã‚ŠãĢ挑į™ēをしãĻいる。 æĩŽã‹ãĒã„éĄ”ã‚’ã—ãĻいたそぎį´ŗåŖĢはč¸ĩをčŋ”すと同時ãĢé›ģį¯ãŒį¯ãŖたようãĒ速åēĻã§ãƒ‘ã‚ĄãŖã¨æ˜Žã‚‹ã„éĄ”ãĢæˆģãŖた。 「ぞã‚ĸīŧã“ういうæ—Ĩもあるã‚ĩīŧæ­ģんでしぞãŖたåŊŧらãĢはį”ŗしč¨ŗãĒいけãƒŦおねīŧã€ 「それはæœŦåŊ“ãĢį”ŗしč¨ŗãĒいと思ãŖãĻいãĒいでしょうãĢ。ぞあčŦãŖãĻももうį„Ąį†ã§ã™ãŒã€‚」 「たぞたぞ運がæ‚ĒかãŖただけダよīŧåŊŧらは、いや、逆ãĢé‹ãŒč‰¯ã‹ãŖたぎã‚ĢãƒĸしれãĒいがネâ€ĻHAHAHA!!」 ãã†č¨€ã„ãĒがらもįĒ“éš›ãĢįĢ‹ãĄã€éĄŽãĢ手をæˇģãˆč€ƒãˆã‚‹å§ŋå‹ĸをとるį´ŗåŖĢぎį´Ģč‰˛ãŽįžŗぎåĨĨで垎かãĢéģ„č‰˛ãŒæēらめいãĻいた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    そぎ垌ぎことはよくčĻšãˆãĻいãĒい。 あぎ垌įĩļå‘Ŋしたã‚ŋãƒŧã‚˛ãƒƒãƒˆãĢ憐ãŋぎį›Žã§ä¸€å‡›ãŽčĩ¤ã„č–”č–‡ãŽč¯ã‚’æ‰‹å‘ã‘ã‚‹å›Ŗé•ˇãŽåžŒã‚å§ŋと、駆けäģ˜ã‘ãŸâ–Ąâ–Ąã•ã‚“ã¨â– â– ã•ã‚“ãŽåŖ°ãŒčžã“えた。それはおこかæĨŊしそうãĒįŦ‘いåŖ°ã ãŖたようãĒ気がするけれお、 「大äē‹ãĒã‚‚ãŽã¯å¤ąãã—ãŸããĒいよãĒ」 とå„Ēしくäģ‹æŠąã—ãĻくれた■■さんぎåŖ°ã‚‚čžã“ãˆãŸã‚ˆã†ãĒ気がした。 頭ぎ中ぎ靄がé‚Ē魔しãĻčĻ‹ãˆãĒかãŖた大切ãĒīŧ•äēēぎäēēãŸãĄã€įĩåą€æ€ã„å‡ēã›ãšæ°—ã‚’å¤ąãŖãĻしぞãŖた。 気がäģ˜ãã¨čģŠãŽä¸­ãĢいたį§ãŽæ‰‹ãŽä¸­ãĢはナイフではãĒãã€čˆžå°ã§äŊŋうボãƒŧãƒĢが在ãŖただけだãŖた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ã€ŒåžĄå–‹ã‚Šã¯ãƒ›ãƒ‰ãƒ›ãƒ‰ãĢねぇâ€Ļīŧã€ 「ああああīŧīŧã€ å›Ŗé•ˇãŽįĒį„ļぎį™ģå ´ãĢ銚く。 į—›ãŋでもだえる標įš„はåŖ°ãĢãĒらãĒいåŖ°ã§ã‚‚がきč‹Ļしんでいた。 おうやらå›Ŗé•ˇãŽæ–ãŒå¤ĒももãĢåˆēさãŖãĻいるようで、じわãŖとčĩ¤éģ’ã„čĄ€ãŒã‚†ãŖくりæĩã‚Œã ã—ãĻいる。 「うがあâ€Ļâ€Ļッ」 「いい子は静かãĢしãĻいãĒくãĻはネ」 ãã†č¨€ã„ãĒがらあぎäēēはぐりぐりと杖をæŠŧしåˆēしãĻいãŖた。 ã€Œã“ã‚Œã¯ã‚­ãƒŸãŸãĄã¸ãŽįŊ°ã ã€‚これãŖãŊãŖãĄã˜ã‚ƒã‚ĸčļŗりãĒいã‚ĩ。こぎį—›ãŋį¨‹åēĻã§č¨ąã•ã‚Œã‚‹ã¨æ€ã†ãƒŠã¨ã„ã†ã‚ŗトさīŧãŠã†ã į—›ã„だろã‚ĻīŧŸīŧŸã€ 「ãĒãĢã‚’č¨€ãŖãĻいるぎかさãŖãąã‚Šã â€Ļああああ」 ニã‚ŋã‚Ąâ€ĻとįŦ‘いãĒがら杖をãĢじらせãĻいるそぎäēēぎįžŗはéģ„č‰˛ãčŧã„ãĻčĻ‹ãˆãŸã€‚ 「åŋ˜ã‚ŒãŸã¨ã¯č¨€ã‚ã›ãĒいã‚ĩ。」
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「äŊ•æ•…īŧŸīŧãŠå‰ãŸãĄãĢäŊ•ã‚’したというんだッâ€ĻīŧŸīŧã€ 「â€Ļ。」 äŊ•ã‚’したか、įŸĨらãĒいâ€Ļ、įŸĨらãĒいīŧŸ äŊ•ã‚’ためらãŖãĻいるぎ、 こぎ手ぎ中ãĢå‡ļ器があるぎãĢ、手ぎ中。 そういえば、 こぎナイフをäŊ•æ•…į§ã¯æŒãŖãĻきたぎか、 銃を支įĩĻされたはずãĒぎãĢäŊ•æ•…。 ナイフâ€ĻäŊ•īŧŸã“ぎナイフ、おこかで。 初めãĻč§ĻãŖたぎãĢäŊŋい斚をįŸĨãŖãĻいる、 こぎナイフはâ€Ļ。 「あ、あぎįåĻ™ãĒæ ŧåĨŊをした可įŦ‘しãĒį”ˇãĢ騙されãĻいるīŧå›ã¯â€ĻãĒぜこぎようãĒことをするぎか、わかãŖãĻいるぎかâ€Ļīŧīŧæ•™ãˆãĻくれīŧã€ そうかもしれãĒい。 だけれお。 「 お前はâ€ĻãŠå‰ãŸãĄã¯č‰¯ã„ã‚ˆã†ãĢäŊŋわれãĻいるâ€Ļッ」 おãŧろげãĢ思いå‡ēすかつãĻぎäģ˛é–“ぎåŊąã€‚ į§ã¯ãšãŖとジãƒŖグナãƒŧではãĒかãŖたâ€ĻぎかīŧŸ
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    äģ•äē‹ã¯æ‰‹æ—Šãã‚šãƒžãƒŧトãĢ。 ã“ã‚Œã¯æ‰€åąžã—ãĻいるグãƒĢãƒŧãƒ—ãŽæ•™č¨“ã§ã‚‚ã‚ã‚‹ã€åˆåŋƒã‚’åŋ˜ã‚Œãšæ‰‹éš›ã‚ˆãå§‹æœĢしãĒくãĻは。 į›ŽãŽå‰ãžã§čŋŊã„čŠ°ã‚ãŸäģŠæ—Ĩぎ標įš„。 äģŠæ—Ĩé›†ã‚ã‚‰ã‚ŒãŸâ–Ąâ–Ąã•ã‚“ã¨â– â– ã•ã‚“ã¯äģŠé ƒäģ–ぎã‚ŋãƒŧã‚˛ãƒƒãƒˆã‚„įĩŒčˇ¯ãŽįĸēäŋãĢ手をぞわしãĻいるぎだろう。遠くぎãģうでåĢãŗåŖ°ãŒčžã“えるが、そぎåŖ°ã¯äēŒäēēぎもぎではãĒいとčŦŽãŽč‡ĒäŋĄã‚’ã‚‚ãŖãĻį›ŽãŽå‰ãŽã“とãĢ集中する。 (大丈å¤Ģ、čŊãĄį€ã„ãĻやれば。) äēēぎå‘Ŋをįĩ‚わらすことãĒんãĻ造äŊœã‚‚ãĒい。いつもぎパフりãƒŧマãƒŗ゚だãŖãĻ一歊間違えればそうãĒることだãŖãĻâ€ĻだからäŊ•ã‚‰į‰šåˆĨãĒことじゃãĒい。そう思ãŖãĻいた。 おもむろãĢ手ãĢ取ãŖたナイフ。逆手ãĢæŒãĄæ›ŋえもう一斚ぎį‰‡æ‰‹ãŽæ‰‹ã§æ¨™įš„ぎ喉元を抑えčžŧむ。 「â€Ļッ。うぐ」 嗚å’Ŋする喉ãĢį‹™ã„を厚めた。 â€ĻīŧīŧŸ ã‚Ģã‚ŋã‚Ģã‚ŋã¨é‡‘åąžéŸŗがéŗ´ã‚‹ã€‚ ãĒんだこぎéŸŗは、と思ãŖãĻéŸŗぎãģうãĢį›Žã‚’動かす。 éŗ´ãŖãĻいるぎはį§ãŽæ‰‹â€ĻīŧŸäŊ•æ•…īŧŸ ナイフを持つč‡Ē分ぎ手が震えãĻいるぎがčĻ–įˇšãĢå…Ĩる。 「ãĒ、ãĒぜį§ãĒんだねâ€Ļīŧīŧã€ 「â€Ļそ、それは。」 į˛į‰ŠãŽå•ã„ãĢ問いãĢį­”えãĻしぞãŖた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    そこãĢはもうæ—ĸãĢäēēがいãĻ。 「よぉīŧâ€Ļâ–Ąâ–Ąâ–ĄãĄã‚ƒã‚“ã‚‚ãŠå‘ŧばれされãĻたぎかīŧīŧŸã€ やはりそうだろうとは思ãŖãĻいたけれお、į§ã ã‘ãĢäģģせãĻくださãŖãĻいたらとåŋƒãŽãŠã“かで思ãŖãĻいた。 「おぉんīŧŸãŠãŖã‹č…šãŽčĒŋ子でもæ‚ĒいぎかīŧŸīŧŸæš—ã„éĄ”ã—ãĄã‚ƒãŖãĻ」 「いえâ€ĻそんãĒことは、、、。選ばれãĻåŦ‰ã—くãŖãĻ。」 「ãģぉãƒŧんâ€ĻãĢしãĻは、そうはčĻ‹ãˆã­ã‡ã‘おãĒã‚Ąã€ いらãŦ不äŋĄæ„Ÿã¨į–‘いを与えãĻしぞãŖた。į‰šåˆĨãĒäģ•äē‹å‰ãĢäŊ™č¨ˆãĒäē‹ã‚’č€ƒãˆãĻしぞãŖた。こんãĒところ、あぎäēēãĢčĻ‹ã‚‰ã‚ŒãŸã‚‰â€Ļ。 「ãĒã‚ĄãĢ、らしくãĒいãĒã‚ĄīŧŸã­ã€ã ãƒŧã‚“ãĄã‚‡ã€‚ã€ 「嗚å‘ŧ、そうだねェīŧŸã€ 「あãƒŧんぞり、åĨŗぎ子ãĢč¨€ã„å¯„ãŖãĻるとåĢãĄã‚ƒã‚“だかäŊ•ã ã‹ãŒæ€’ãŖãĄã‚ƒã†ãœīŊžīŧŸâ–Ąâ–Ąæ°īŊžīŊžã€ そこãĢįžã‚ŒãŸãŽã¯â– â– ã•ã‚“とあぎäēē。 すかさずįĒãŖčžŧぞれãĻã„ãâ–Ąâ–Ąã•ã‚“ã¯æœŦåŊ“ãĢわかãŖãĻいãĒいぎかįĩ‚å§‹ãã‚‡ã¨ã‚“éĄ”ã ãŖたぎをčĻšãˆãĻいる。 うぞくãĒだめãĻくれた垌、■■さんは一時振り向き様ãĢãĒãĢã‹č¨€ã„ãŸã’ãĒį›Žã‚’しãĻいた。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    「こぎäģļは、内密ãĢâ€Ļ。 ã‚­ãƒŸãŸãĄã¯į‰šåˆĨãĢ選ばれたぎダからīŧãƒīŧŸã€ įĒį„ļぎことだãŖた。 č‡Ē厤ぎæœēぎåŧ•ãå‡ēしぎ中ãĢå°č‹ã‚’ã•ã‚ŒãŸã“ãŽéģ’い手į´™ã‚’åąŠã‘ã‚‰ã‚ŒãŸãŽã¯ã€‚ 最初は同厤ぎしおせが間違えãĻå…Ĩれたもぎだと思ãŖãŸã‘ã‚ŒãŠã€ã‚ˇãƒŧãƒĒãƒŗグぎåˆģ印がこぎã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šå›Ŗぎ旗印と同じであることãĢ気ãĨいたį§ã¯ã€ 「â€ĻīŧŸã€ と、įœ æ°—įœŧをæ“ĻりãĒãŒã‚‰ãã‚‡ã¨ã‚“ã¨ã—ãŸéĄ”ã§äŊ•ã‹ã‚’č¨€ã„ãŸã’ãĢã“ãĄã‚‰ã‚’čĻ‹ãĻくるしおせãĢ向かãŖãĻ"ãĒんでもãĒい"というį´ ãļりぎįŦ‘éĄ”ã‚’čĻ‹ã›ã‚‹ã€‚ そんãĒ手į´™ã‚’čĒ°ãĢもčĻ‹ã‚‰ã‚Œãžã„とこぎ手į´™ãĢ寞する思いとともãĢ胸中ãĢäģ•čˆžã„こんだį§ã¯å°Žã‹ã‚Œã‚‹ãžãžãĢあぎäēēãŽéƒ¨åą‹ã¸ã¨čļŗを運ãļぎだãŖた。 時åˆģã¯æˇąå¤œåˆå‰īŧæ™‚_________
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    â€Ļ からりと晴れたįŠē、åēƒå¤§ãĒį ‚丘、ぞる5æ—ĨかけãĻようやくį›Žįš„地ãĢčŋ‘ãĨã„ãŸé›°å›˛æ°—ãŽã‚ã‚‹å¤§åœ°ãĢ降りįĢ‹ãŖたけれお、おういうわけかå›Ŗé•ˇãŒã“ãŽį ‚æŧ čļ…えãĢäŊŋãŖたらしいロバはäŊ•å‡ĻãĢもおらず、į§ãŸãĄã¯éĻŦéšŋげたことãĢ垒歊でį ‚æŧ ã‚’æ¸Ąã‚‹ã—ã‹į„ĄããĒãŖた。 「はぁâ€Ļはぁ。å›Ŗ長â€ĻīŧŸã“ぎぞぞではäŊ“力įš„ãĢã‚‚ãĄã€ãžã›â€Ļん。水をくださいâ€Ļ」 「あãŖつãƒŧâ€Ļ。これじゃあã‚ĸãƒŦだãĒīŧãƒŸã‚¤ãƒŠå–りがナãƒŗトã‚ĢīŧŸãŖãĻヤツだãĒīŧīŧã€ 「ãƒŦã‚ŋさんâ€Ļミイナ取りが、ミイナãĢãĒるâ€Ļです。そしãĻ勝手ãĢJuNさんをæŽēさãĒいでもらãŖãĻâ€Ļ」 それãĢしãĻもそうãĒãŖãĻしぞいそうãĒãŽã¯æ™‚é–“ãŽå•éĄŒã‹ã‚‚ã—ã‚ŒãĒい。äģŠãžã§ãŽå…Ŧæŧ”ã‚„æŧ”į›Žįˇ´įŋ’ã‚‚ãĒかãĒか大変だãŖたけれお、ã‚ĩãƒŧã‚Ģã‚šį”Ÿæ´ģでこんãĒ過酷ãĒぎは垌ãĢも先ãĢもäģŠãŽã“ぎįžŦ間だわâ€ĻīŧŸ į ‚ãĢ囚われおãŧつかãĒいčļŗ取りで一歊、そしãĻä¸€æ­Šã¨é€˛ã‚€į§ãŸãĄã¯ã“ぎį ‚æŧ ãŽãŠã“かãĢいるであろうJuNさんと合æĩã™ãšãå¤§å¤‰ãĢゆãŖãã‚Šé€˛ã‚“ã ã€‚ã¨ã„ã†ã‹ã“ãŽįŠļæŗã€ã‚†ãŖãã‚Šã—ã‹é€˛ã‚ãĒいぎだけれおâ€Ļ。 į›¸å¤‰ã‚ã‚‰ãšéĄ”č‰˛ã˛ã¨ã¤å¤‰ãˆãšæļŧã—ã„éĄ”ã‚’ã—ãĻ歊くå›Ŗé•ˇã€æą—ã ãã ã‘ã‚ŒãŠãƒã‚¸ãƒ†ã‚ŖブさがいつãĢもåĸ—しãĻキãƒŦキãƒŦぎãƒŦã‚ŋさんâ€ĻそしãĻäģŠãĢも倒れそうãĒフナフナぎį§ã€‚ そんãĒ中、ã‚Ēã‚ĸã‚ˇã‚šã§ã‚‚čĻ‹ã¤ã‘たぎか 先頭を歊くå›Ŗé•ˇãŒįĒį„ļæ­ĸぞる。 「おやīŧŸčĒ°ã‹å‘こうãĢいるネぇ」
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    🧞‍♂ī¸į†ąį ‚ぎå›ŊãŽæ—…čŠ¸äēē🧞‍♀ī¸ã€–ã‚ĸブã‚Ĩãƒģナãƒģã‚Ģã‚ŋブãƒŧナ〗įˇ¨ ☞įŦŦ三įĢ īŧšį•°å›Ŋぎそぎäēēへ 「と、いうわけダがねīŧŸã‚­ãƒŸé”は一čļŗお先ãĢボクらとčĻ–å¯Ÿã•ã‚Ąīŧã‚ã‹ãŖたネīŧŸã€ そういうとį›Žã‚’丸くしãĻ、そしãĻ期垅ãĢæēĸれたčŧãã‚’持ãŖãĻčŋ”す√LETAとđ‘ĩđ’‚đ’ˆđ’Šđ’‹đ’šđ’ã€‚ 「つぞりäŋēãŸãĄãĢ大åŊšãŒå›žãŖãĻæĨたãŖãĻãƒ¯ã‚ąã‹īŧīŧīŊ¯īŊŧīŊŦīŊąīŊąīŊąīŧīŧīŧã€ ã€Œãœã˛ã”å°Ŋ力させãĻ頂きぞすīŧå›Ŗ長īŧâ€Ļã¨ã“ã‚ã§ã€čĄŒãå…ˆã¯â€ĻīŧŸã€ 「それはãƒĸチロãƒŗīŧâ€Ļį†ąį ‚ぎå›Ŋã‚ĩīŧīŧīŧã€ 「ね、į†ąį ‚īŧŸīŧâ€ĻそれはあぞりãĢも遠å‡ēですね、大丈å¤Ģかしら、、」 「うおおおおおå›Ŋをīŧčļ…えるãƒŗすかīŧŸīŧīŧæĨŊしãŋだãĒこりゃīŧīŧīŧã€ 「静けさåēƒãŒã‚‹åēƒå¤§ãĒį ‚æŧ ã‚’čļ…えãĻゆく、ロマãƒŗチックãĒ月夜â€Ļį…§ã‚Šã¤ã‘ã‚‹æ—ĨåˇŽã—ãĢč˛ ã‘ãŦ情į†ąãŒã‚ればč‹ĻではãĒいã‚ĩīŧHAHAHAīŧīŧã€ そんãĒåžĄč¨—ã‚’ä¸ĻずãĻé™Ŋ気ãĒå›Ŗé•ˇãŽčƒŒåžŒã§é ããŽãģうから副å›Ŗé•ˇãŽã‹ãˆã§ãĄã‚ƒã‚“ãŽåŖ°ãŒčžã“える。 「īŧŋã‚“ãĄã‚‡ãƒŧīŧã ã‚“ãĄã‚‡ãƒŧさãƒŧんīŧīŧīŧã“ãŽå¤§é‡ãŽãŠåąŠã‘į‰ŠãŠã†ã—たんですīŧŸãŠã“ですかå›Ŗé•ˇã•ãƒŧんīŧīŧīŧã€ 「おãŖとそろそろ時間ダīŧčĄŒãã¨ã—ようHAHAHAīŧīŧã€ čžã‹ãĒかãŖたことãĢしたいぎか副å›Ŗ長ãĢčĻ‹ã¤ã‹ã‚‹å‰ãĢãããã•ã¨čˇį‰Šã‚’ぞとめį§ãŸãĄã¯é ã„į•°å›ŊãŽãĄã¸ã¨æ—…įĢ‹ãĄãžã—た。
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    ✄-------------------‐✄
  • đŸŽĒé“åŒ–ãŽč¯ã€–circuså›Ŗ〗đŸŽĒ's user icon
    īŧŋīŧŋīŧŋīŧŋīŧŋ 「â€ĻãĄã‚ƒã‚“ã€ã—ãŠãĄã‚ƒã‚“īŧčĩˇããĻãƒŧīŧīŧīŧã€ ゆさゆさとæēさãļられį›Žã‚’čĻšãžã—た。 「į€ããžã—たよ。」 すごくį–˛ã‚ŒãĻいる、あれ、ãĒんかãģãŖãēが。 ã€ŒãŠã‚„ãŠã‚„ã€æ‚˛ã—ã„å¤ĸでもčĻ‹ãĻいたぎã‚ĢイīŧŸã€ おんãĒå¤ĸをčĻ‹ãĻいたんだãŖけ。 手ãĢはダã‚ŦãƒŧãƒŠã‚¤ãƒ•ãŒæĄã‚‰ã‚ŒãĻいた。 īŧŋīŧŋīŧŋīŧŋīŧŋ